エンタメ

ピエール瀧と石野卓球が笑顔! 家族もラジオチームも薬物依存からの回復サポート

【この記事のキーワード】
【完成】ピエール瀧と石野卓球が笑顔! 家族もラジオチームも薬物依存からの回復サポートの画像1

石野卓球Twitterより

 電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧が麻薬取締法違反容疑で逮捕され、大きく報じられてから1カ月半。今月2日に起訴された瀧被告は、保釈申請が認められて5日に保釈されている。

 人気俳優として活躍中だった瀧被告の逮捕が世間に与えた衝撃は大きかった。出演番組の打ち切りや降板、ライブの中止なども相次いだ。瀧被告は法廷で自身の罪に向き合い、今後は依存症治療に取り組んでいかなければならない。

 しかし瀧被告には、彼を支え、サポートする存在がいる。もっとも大きいものは家族だろう。瀧被告には妻と中学生の娘がいる。「女性自身」5月7日号(光文社)によると、瀧被告の逮捕後、妻と娘はしばらく自宅を出ていたが、最近になって帰ってきたという。保釈された瀧被告は当初、薬物依存治療のため故郷・静岡の病院に入院する予定だったが、家族や周囲と話し合い、“妻子のいる自宅から通院したい”と思うようになり、都内の病院での治療を選択したそうだ。

 今回の逮捕によって瀧被告には莫大な違約金が発生したと言われており、「家族に迷惑をかけられない」と瀧被告が離婚を申し入れたという話もあった。瀧被告の妻は、離婚の選択肢も考えたものの、最終的には“娘と2人で夫を支えよう”と結論を出して自宅に戻ったとのことだ。

 4月24日放送のラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)では、パーソナリティーの赤江珠緒アナウンサーが、瀧一家からメールが届いたことを明かしている。「これが猫のコンブでーす」と、家猫の写真が添えられていたそうだ。瀧家には3匹の猫、コンブ・ブイヨン・コロッケがいるとのトークは過去の『たまむすび』でおなじみだった。

 『たまむすび』ファミリーは赤江を筆頭に瀧被告に寛容な姿勢を見せている。赤江は瀧被告が保釈されてすぐに“テレビ電話”で連絡が来たこと、それがとても嬉しかったと報告。この日の放送でも、博多大吉がその呼称を「ピエール瀧さん。容疑者? 被告? メンバー?(笑)」と迷い、赤江が「まあ、被告なうの瀧さんです(笑)」と笑う場面もあった。少なくとも赤江ら『たまむすび』チームは、瀧被告の更生への支援を惜しまないだろう。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。