自己啓発やスピリチュアル系の沼に何度もハマッた【元・呪われ女子座談会 part2】

【この記事のキーワード】

ハト江:私も世間知らずのところがあったので、ノニジュース買っていましたよ。「ノニは先住民の薬なんだよね」とか言われて。1本6000円くらいするんだけど、指定の量を飲むと3日くらいでなくなってしまう。そのときは本当に忙しくて何も考えていなくて、しばらく買い続けていました。でもたまたま知り合いに「それ誰から買ってるの。マルチだよ」なんて教えられて、ようやくやめました。

イル香:私が買ったのは布ナプキンと冷えとり靴下かな。子宮教の前は冷えとりの女王である服部みれいさんが素敵だと思っていたんですが、サイン会の休憩中にあれっと思うところが見えてしまい、冷めました。それ以前に私はもともとファッションが好きなので、冷えとり靴下を10枚はくっていうのがビジュアル的にすごく嫌で、ハマるほどには行かなかったというのもあるのですが。冷えとり健康法をやっても体調はむしろ悪くなるし、靴下はすぐに穴があくし、めんどくさがりだったところもあります。子宮教にはまっていた頃は給料がよくなかったので、はるちゃんとの個人セッションに49万も払うのがどうやっても無理で、本を買ったり比較的安い講演会に行くくらいに留まっていましたね。会場では布ナプキンをひとつ買ったんですが、するとその横で「30個下さい」「あるだけ全部ください」と競うように買っている人たちがいるんです。販売する側も、私が「1つください」と言うと「1個でいいんですか? 本当に?」とか煽ってくる。そのあたりも、徐々に目を覚ましたきっかけかも。49万払ってセッション受けた人の体験談ブログなども読みましたが、もう価値観が違うとしか言いようがありません。

SpiYakou125b02

私も子宮委員長はるちゃんが売っていた布ナプキン、持ってます」(ウサ美)

ズク子:みなさん変身願望があるんでしょうか? 別の自分になれるならなりたい、みたいな。私はそもそも漫画とかアニメとか大好きなんで、それの延長というのもあります。不思議なものがあった方が楽しいという感覚があって。レムリアとかも、あってもなくても面白ければどっちでもいい。ただしお金が絡むと別問題ですけど。

面倒な人間関係、刺激される優越感

ハト江:オーラソーマも学ぶのには法外なお金はかかりませんが、オイルが劣化して色が変わるので、定期的に買わなくちゃいけないというのはあります。で、そのボトル代の何パーセントかは、先生に入る。変身願望については、オーラソーマでは「ドルフィンボトル」とかがあって、単に青いオイルが入ったボトルなんですが、それを塗ったりするとスピリチュアルな力が高まるなんて話でしたね。仲間同士で買う? 買う? みたいに盛り上がるので、とりあえず買ってしまった。すると「めちゃめちゃ霊的に上がったかも!」とか、めんどくさいメールがくるんですよ(笑)。あとは「気になっている人から連絡が来るかな、と思ったら来た!」とか。人はそれを偶然と呼ぶんだろうけど、彼女たちにとっては「素敵な偶然」として繋がっていく。「みかん持った瞬間に、ふさがいくつあるか当てられた!」という報告は、最高潮にどうでもいい話でしたね。だけど私もオーラソーマの学校を卒業するまではみんなと仲良くしなきゃいけないかなと思っていて「そうなんだ。よかったね」みたいにメールを返してあわせていました。正直しんどかったですね。

編集:今の時代なら、LINEでスタンプをポン!で済みますけどね。

「天引き」される私のお給料 「手取り(てどり)」しか見ない女から進化するための金銭感覚

こんにちは。ファイナンシャルおねえさんこと、ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の川部紀子です。お肌プリップリの新入社員の方にお金の話をする機会が…

自己啓発やスピリチュアル系の沼に何度もハマッた【元・呪われ女子座談会 part2】の画像1
自己啓発やスピリチュアル系の沼に何度もハマッた【元・呪われ女子座談会 part2】の画像2 ウェジー 2016.07.18

ウサ美:神社ミッション、やった人っています?

ノジル:心屋仁之助氏が提唱していた、お金に振り回される心から解放されるためのアクション、でしたっけ。価値を感じられないものにあえてお金を払うことで、お金に振り回される心から解放される!という、お説。単にお金の感覚を麻痺させて、自分につぎ込んでね~としか聞こえませんが。

イル香:お金のブロックを外すとか、バンジージャンプをしろととかいう言い方もありましたね。で、やりました(笑) でも、1万円くらいですよ。

編集:心屋さんのブログを見たら、「神社ミッションしたらあかん人もいる」って書いてありますね。でもそんなこと書いたら、「私はできる側の人」という優越感が生まれそう。

1 2 3

「自己啓発やスピリチュアル系の沼に何度もハマッた【元・呪われ女子座談会 part2】」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。