ライフ

普通のドライヤーでも髪は綺麗になる! 見た目の美しさを上げるドライヤー術とは

【この記事のキーワード】
普通のドライヤーでも髪は綺麗になる! 見た目の美しさを上げるドライヤー術とはの画像1

「Getty Images」より

 「速乾、しかも髪質改善」をキャッチフレーズに爆発的ヒットとなった、パナソニックの美髪ドライヤー「ナノケア」。累計販売台数は1000万台を超え、いまやドライヤーは「髪を乾かす」から「ヘアケア家電」のイメージが定着しています。

 この他にも、大風量が話題の「ダイソン スーパーソニック」、本格的な頭皮ケアができる「ヤーマン スカルプドライヤー」、コスパナンバーワンといわれる「コイズミ モンスター」など……。美容のプロも太鼓判を推すドライヤーが巷の女性を席巻。美髪作りに高機能ドライヤーは欠かせない存在なのです。

 高機能ドライヤーがここまで支持された背景のひとつには、幅広い世代に渡るセミロングブームがあります。少し前までは、出産を機にショートヘアに移行する人が多かったのですが、この十数年で“大人世代のセミロング”が急激に増加。50代でもミディアムやセミロング派が珍しくないほど、長い髪を楽しむ女性が増えました。

 近頃のアラフォーやアラフィフ女性が若々しい印象を与えるのは、このブームが大きく関係しています。長い髪のヘアスタイルが好まれれば、当然ヘアケアに対する意識も高まり、「ドライヤーの熱で髪が傷む」という悩みにフォーカスが当たります。ドライヤーにもケア機能を求めるユーザーが増えたことが、高機能タイプのヒットにつながったのです。

大風量や遠赤外線が美髪に適する理由

 一般的なドライヤーの温風は100度以上あり、髪や頭皮を過度に乾燥させ、ダメージを与えます。そこで髪を乾かすならば、低温で行うことが大切で、髪の細胞が破壊されず、美しさを保てます。ドライヤーは、温風温度そのものを変えられるタイプを選択することをお勧めします。

 また、“大風量”を売りのドライヤーなら、よりダメージはが避けられます。速乾性も優れていて、忙しい人にも人気があります。

 遠赤外線を用いたタイプは、髪を内側から温める働きがあり、髪表面の温度は低い状態をキープできます。髪だけでなく、頭皮や肌に当てることでキメを整えたり、潤い力やリフトアップ力を高めたりできるので、美容家電として優れた効果を発揮するでしょう。“ホームエステ感覚”で使えるのが今どきのドライヤーなのです。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。