健康

春の「頭痛」は急性ストレス障害、二つの「習慣的な行動」で解消も

【この記事のキーワード】

 重度のうつ症状の人に「がんばろう」と声をかけることはほとんど意味は無く、むしろマイナスの効果が生じる場合さえあります。しかし、落ち込んでいるレベルの人にそうした元気付けは有効といえば、正確ではありませんがわかりやすいでしょう。

 特に朝起きた時に「今日もきっとうまくいく」と思い描くことです。脳科学でも、朝起きた時や、これから行動する時に行うのか効果的だといわれています。セルフイメージの捉え方次第で、新しい環境は素晴らしいものになるのです。

 今回は、新しい環境と頭痛との関係について二つの「習慣的な行動」をご提案しました。読者のみなさんには、新しいスタートが素晴らしい人生の始まりとなることを心からお祈りして終わりにしたいと思います。

 ただし、頭痛や他の具体的な症状が持続する場合は、専門医療機関への受診をお願いします。

参考文献、注釈)
1)Foiadelli T1 et al. Ital J Pediatr. 2018 Apr 4;44(1):44.
2)Hauge AW1, et al. Cephalalgia. 2010 Mar;30(3):346-53.

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。