エンタメ

二宮和也と伊藤綾子の「結婚直談判」から「親が反対」まで、白熱した熱愛報道の変遷

【この記事のキーワード】
【完成】二宮和也と伊藤綾子の「結婚直談判」から「親が反対」まで、白熱した熱愛報道の変遷の画像1

二宮和也と伊藤綾子

 2020年12月31日をもってグループ活動を休止する嵐。活動休止が発表される前からのことではあるが、メンバー5人の「結婚」事情をめぐる憶測は、いっそう激しくなった。遡ること20年前、1999年にデビューした当時は全員10代だった嵐も、今や全員30代後半のアラフォー。現時点では全員独身だが、それぞれに交際報道が出ている。

 メンバーが10代~20代前半の頃も交際報道は少なからずあったが、いずれも「破局」というオチがついた。しかしこの数年は熱愛報道とともに「結婚」というフレーズが飛び交っている。メンバーが年齢を重ね、またV6やTOKIOなどの先輩グループで結婚が続いたことから、近い将来、嵐の面々も結婚を発表する日は確かに訪れるだろう。

 結婚間近といわれる筆頭格が二宮和也だ。10代~20代の頃には、椎名法子、長澤まさみ、佐々木希らとの交際報道があったが、現在はフリーアナウンサーの伊藤綾子との交際および同棲が伝えられている。

 最初の交際報道は2016年。その時点で2014年から交際中とされており、であれば2019年現在、かれこれ5年近く恋人関係が継続していることになる。二宮は35歳、伊藤は39歳。既に同棲状態にあるという2人は、いつ結婚しても不思議ではないどころか、戸籍制度に重きを置く現在日本において、いい歳をした恋人同士が結婚を選択するのはごくごく自然だ。

 交際発覚当初から、伊藤綾子はとにかく二宮ファンからの評判が悪く、現在もネット上には凄まじい伊藤バッシングが吹き荒れている。二宮ファンが伊藤を忌み嫌うのは、彼女がブログで幾度も二宮との交際を“匂わせ”て、ファンの神経を逆なでしてきたため。二宮もおそらくこのバッシングを把握していることだろう。それでも交際継続しているということは、二宮にとって例の“匂わせ”云々は、別れを選択するに足るようなものではなかったのかもしれない。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。