エンタメ

土屋太鳳はこれで正解なのか?またも「ぶりっ子」「あざとい」叩かれる『ぐるナイ』

【この記事のキーワード】
土屋太鳳はこれで正解なのか?またも「ぶりっ子」「あざとい」叩かれる『ぐるナイ』の画像1

土屋太鳳インスタグラムより

 25日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)人気コーナー・グルメチキンレース・ゴチになります!(以下、ゴチ)のゲストとして、映画『キングダム』の宣伝のため本郷奏多と山崎賢人が登場した。しかし、「ゴチ」レギュラーメンバーの土屋太鳳が、共演歴の多い山崎と一切絡みがなく、違和感を覚えた視聴者は多かったようだ。

 土屋・山崎は、2015年4~9月放送の連続テレビ小説『まれ』(NHK)で共演。土屋演じるヒロインの同級生で、やがて恋人、そして夫婦になる男性を演じたのが山崎だった。土屋も山崎も『まれ』によって全国区の知名度を獲得したはずだ。そして、『まれ』放送終了からわずか2カ月半後に公開された映画『orange -オレンジ-』で、土屋と山崎は再共演し、やはり恋人役を演じている。また、2012年放送の『黒の女教師』(TBS系)でも共演歴がある。2016年には焼肉デートをしていたとして熱愛が報じられたが、両者とも特にコメントを出していない。

 熱愛報道の少し前、ゲストとして二人そろって「ゴチ」出演した際は、岡村隆史が「付き合ってないよね!?」とツッコむほどの親密ぶりだったため、今回放送での距離感は確かに違和感。ただ放送前日に土屋はInstagramで、<山﨑賢人くんとは 戦友であり親戚のようでもあって 本当に懐かしい再会となりましたし、 撮影当時と変わらず 爆笑してばかりの時間となりました お仕事なのに同窓会みたいだったなぁ>と振り返っている。彼女にとっては、特にタブーというわけではなさそうだ。

 さて、この「ゴチ」放送ではツーショットのない違和感だけでなく、「セクシーサンキューゲーム」における土屋のアクションも話題となった。いかに高いテンションで「セクシーサンキュー」(レギュラー出演者・中島健人のキメ台詞)を表現するかというゲームだったが、徐々に難易度が上がっていき、テレビ的にはイケメン枠であるはずの中島、田中圭、山﨑、本郷が次々にアクロバティックかつ変態的な動きで「セクシーサンキュー!」と叫ぶ。それを超える動きを要求された土屋がとったのは、司会兼ゲーム判定係の羽鳥慎一アナウンサーに駆け寄り、可愛らしく「セクシーサンキュー」と笑顔をつくることだった。羽鳥アナの判定は即「OK」。

 このシーン放送直後、Twitterでは「そういうとこだよ」「ほんとあざとい」「また嫌いになった」等のコメント投稿が一気に増えていた。ここ数年、大学への通学もままならないほど精力的に活動し、ドラマや映画で主演を務めてきた土屋だったが、「あざとい」「いい子ぶりっ子」「優等生ぶっている」「ゴリ押し」等のバッシングが絶えない。それは彼女がバラエティ番組で見せるキャラクターが大いに影響しているといえるだろう。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。