社会

小室圭さんの知られざる素顔を暴く? しらみつぶしにNYで聞き込み、執拗な人格攻撃と嘲笑のオンパレード『バイキング』炎上

【この記事のキーワード】

 こういった番組内容にはさすがにネット上でも異論の声が起き、<こういうのは、リアルなイジメだよなあ。弱い立場になったものをとことん追い込む><ちゃんと調査してちゃんと問題点を報道するんなら良いけど ただダラダラとあーだこーだ人格攻撃してるだけで面白くない>といった書き込みがなされている。

 小室さんのプライバシーに土足で踏み込むメディアは『バイキング』だけではない。ほとんどの週刊誌がそうだ。最近では「FLASH」2019年5月7・14・21日号(光文社)が、小室さんが大学前に停車した移動式屋台でランチを物色する姿を撮っている。今回『バイキング』が取材したのと同じ屋台だろう。

小室圭さんへの盛大な嘲笑

 しかし、『バイキング』による小室さんバッシングはこれだけで終わらなかった。

 番組終盤では、小室さんの代理人弁護士の話を紹介した。

<メディアの方は勘違いしています。小室さんは弁護士資格の取得を目指すと言っていますが、弁護士になるとは言っていません。いま彼がどんな仕事をするのかは決まっていません。たとえば、どこかの企業に就職するとか、もしかしたら自分で起業するかもしれない。少なくとも、いまから医者になるとか、農業をやるとかは選択肢にないですが>
<彼はいまライフプランをつくっている。アメリカでの3年間でさまざまな人と出会い、経験を得ている。そして、彼自身の人生の視野を広げている最中>

 これをきっかけに、坂上をはじめ、スタジオ中が小室さんに嘲笑を浴びせかけた。

 まず、ヒロミはこのように語る。

<アメリカではもしかしたら視野が広がるかもしれないけど、日本ではこの3年間ですごく狭くなるからね。本当にどうにもならないぐらい狭くなると思うんだよ。だから、向こうで人脈を広げるとかそういうことだったら、日本に戻ってきて、ひとつの問題を解決した方がまだ広がると思いますけどね>

 その後、ミッツ・マングローブも次のように発言し、スタジオは小室さんを嘲る笑いに包まれた。

<ライフプランをいつつくってもいいんですけど、いまさらこんな青臭いこと言う人がよく婚約なんかしたなと思って。なんだったんだろうって感じですよね>

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。