エンタメ

中島裕翔と長瀬智也は同じ火元? 相次ぐジャニーズ離脱報道と沈黙

【この記事のキーワード】
【完成】中島裕翔と長瀬智也は同じ火元? 相次ぐジャニーズ離脱報道と沈黙の画像1

Hey! Say! JUMP『愛だけがすべて -What do you want?』(通常盤)

 ジャニーズ事務所のタレントたちに、グループ脱退や事務所からの退所を望んでいるとの報道が相次いでいる。ファンの不安を煽るような噂は後を絶たず、とうとう若手グループからも、グループ脱退を望むメンバーがいるとしてその名前が挙がった。5月12日付の「日刊ゲンダイDGITAL」がその疑惑を伝えたのは、Hey! Say! JUMP(以下、平成ジャンプ)中島裕翔だ。

 記事によれば、中島裕翔は<数年前に映画で共演した同年代の俳優仲間に「グループでの活動にいったん区切りをつけて、俳優として再スタートを切りたい!」と漏らしている>という。デビュー間もない頃の山田涼介とのセンターポジション交代劇や、2016年に「週刊ポスト」(小学館)によって報じられた吉田羊との熱愛報道が禍根を残しているとのことだ。

 もっとも、中島は昨年にも一部スポーツ紙に脱退疑惑を報じられており、これが初めてではない。昨年8月、メンバーの岡本圭人が米国への演劇留学を理由に一時活動休止に入ったが、これに触発された中島が、アイドルに縛られずモデル業などを自由にやりたいという思いを強めてグループ脱退を希望しているといったものだった。

 中島裕翔の二度にわたる脱退疑惑報道に、ファンは動揺。ファンからは「またガセネタで不安にさせないでほしい」「裕翔が脱退するわけないって分かってるけど考えるだけで涙が溢れる」という切実な声が上がっている。

長瀬智也に関ジャニ、キスマイ…脱退希望者はそれほど多いのか?

 「日刊ゲンダイ」は今年1月にも、TOKIO長瀬智也がグループから脱退し自由な音楽活動を望んでいると報じて波紋を呼んだ。芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄氏が「TOKIOが音楽活動を再開する兆しはない」としたうえで、<ボーカル長瀬智也(40)はまるで、芸能界をフェードアウトしようとしているかのような動き>をしていると論じたのだ。

 それによれば、ジャニーズ事務所と長瀬はかねてから活動方針をめぐってひと悶着を起こしており、役者よりアーティスト志向が強い長瀬はこのまま芸能界をフェードアウトするつもりではないか、とのことだった。ちなみにこの頃、すでに一部報道では山下智久や中井正広には退所・独立の動きが囁かれていたが、山下・中居ともに現在は沈静化している。

 その後も疑惑の報道は続いた。今年3月の「週刊文春」(文藝春秋)は、渋谷すばるが脱退したことを受けて錦戸亮が関ジャニ∞の解散を主張し、さらにグループからの脱退と退所まで企図していると伝えて大騒ぎとなった。この件は複数の週刊誌が後を追い、錦戸はグループを脱退するがジャニーズに残って俳優活動に専念する方向性や、大倉忠義と安田章大も脱退の意向にあると取り沙汰された。

 関ジャニ∞は7月~9月に5大ドームツアー「十五祭」を開催することを発表。錦戸らの脱退に関して公式なコメントはなく保留状態となっているが、ツアー後に“重大発表”が控えているのでは、と気が気でないファンも多いようだ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。