エンタメ

TOKIO松岡昌宏の神対応は是が非か? 危険な“ヤラカシ”の暴走は解決せず

【この記事のキーワード】
【完成】TOKIO松岡昌宏の神対応は是が非か? 危険なヤラカシの暴走は解決せずの画像1

松岡昌宏

 TOKIO松岡昌宏によるファンへの“神対応”を、「FRIDAY」2019年5月10・17日号(講談社)が報じている。記事によると、今年4月の中旬、TBS本社近くのビルから出てきた松岡はファンの女性と遭遇。松岡は女性と握手を交わし車に乗り込んだというが、車の中から他のファンを発見すると、わざわざ車から降りてファンサービスをしていたそうだ。

 ファンへの“神対応”が話題になったジャニーズタレントといえば、Hey!Say!JUMPの山田涼介や山下智久もそうだ。

山下智久はマネージャーが寝た隙にファンにサイン

 2016年6月、山田涼介が映画『鋼の錬金術師』の撮影で「和歌山マリーナシティ」を訪れているという目撃情報がツイッターで拡散された。そのうえ、山田はロケ社の中からファンに手を振るなどのファンサービスをしていたようで、ファンからは「さすが!」と賞賛の声が溢れた。

 山下智久も2015年に映画『解碼者』の撮影でマレーシア入りした際、ファンにせがまれるたびに立ち止まって握手やサインに応じていたようだ。また、飛行機内でも山下にサインを求めるファンがいたようだが、マネージャーがそれを阻止。すると山下は、マネージャーが寝た隙にサインなどのサービスをしていたという。

 今年4月、『A-Studio』(TBS系)にゲスト出演した山下は、笑福亭鶴瓶から自身のファンにSNSなどで監視されていることについて質問されると、「僕は全方位から守られている気分ですけどね。安心感」「見守ってくれている感じというか。だから全方位から守られているというのが」と、返答していた。マレーシアでのファンサービスは、ファンを身近な存在と捉える山下ならではの“神対応”だったのだろう。

 一方、こういったファンサービスには懸念もある。迷惑行為をするファン、いわゆる“ヤラカシ”の暴走を加速させるという点だ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。