エンタメ

TOKIO松岡昌宏の神対応は是が非か? 危険な“ヤラカシ”の暴走は解決せず

【この記事のキーワード】

大倉忠義はファンによるストーカー被害を告白

 昨年はジャニーズファンによる迷惑行為が大きな話題となった。9月にはKing & Prince、10月にはHey!Say!JUMPのファンが、コンサート帰りのメンバーを駅の中で追いかけ新幹線を遅延させるという騒動が勃発したのだ。

 また、関ジャニ∞の大倉忠義は11月、ファンクラブ会員向けのブログを更新し、迷惑ファンによるストーカー被害を訴えた。ブログによると、ファンのなかには駅や空港で執念に追いかけてくる人がおり、さらに、「カバンの中にモノを入れる」「手を繋ぐ」「プライベートで訪れた飲食店の隣の席に、いつも出待ちをしているファンがいる」などの迷惑行為もあったという。大倉は精神的に追い詰められており、グループ脱退や芸能界引退も考えていると綴っていた。

関ジャニ∞大倉忠義がファンを糾弾「ストーカー」「突然手を繋がれたり…」 退所もほのめかす絶望的な文章公開の波紋

 ジャニーズタレントが会員サイトのブログで、迷惑ファンに苦言を呈する件が続出している。Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔(31)、Hey! Say…

ウェジー 2018.11.09

 ごく一部とはいえ、こういった過激な“ヤラカシ”も存在することを考慮すれば、迂闊にファンとの接触を“神対応”と褒めるわけにもいかない。タレントが自身の身を守るためにはファンをスルーすることも必要だ。また、時間がないなどの理由から対応できないこともあるだろう。たとえファンへの対応が親切でなかったとしても、一概にそのタレントを責めることのないようにしたい。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。