社会

過熱する小室圭さんリンチが眞子さまに飛び火…「公務してほしくない」とまで

【この記事のキーワード】
過熱する小室圭さんリンチが眞子さまに飛び火…「公務してほしくない」とまでの画像1

『 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ 』(毎日新聞出版)

 5月11日、秋篠宮家の長女・眞子さまは「森と花の祭典『みどりの感謝祭』」の式典に出席された。昨年までこの式典には秋篠宮ご夫妻が出席していたが、公務分担により眞子さまが引き継ぐかたちとなった。

 この式典についてネットニュースでも報じられたが、そのコメント欄は大炎上していた。理由は、結婚が延期となっている小室圭さんとの関係だ。

 共同通信による記事「眞子さま、みどりの式典に 秋篠宮ご夫妻から引き継ぐ」に対する「Yahoo!ニュース」のコメント欄には、実に5000件以上の書き込みが寄せられ、小室圭さんとの問題を揶揄するこんな言葉が連なっている。

<眞子さんには公務などして欲しくないです。見るのも嫌です。公務に出る前に、解決しなくてはならないことがあるはずです>
<これだけ炎上してるのに恥ずかしくないのかな 小室だけじゃなく、眞子の顔見るのも嫌になってきた>
<このお方の公務はもはや有り難みも感じないし、敬う事もできない>

 皇室に対して国民からの批判がこれだけ大っぴらに書かれるのも珍しいが、これほどまでに眞子さまへの国民感情が荒れている原因は、小室圭さんとの一件をめぐってメディアが過剰な報道を繰り返していることに他ならない。

小室圭さんに対する報道は「いじめ」

 メディアによる小室圭さんへのバッシングは日に日に苛烈さを増しており、いまではメディアあげての「リンチ」とすら言えるかもしれない。5月7日放送『バイキング』(フジテレビ)では、小室圭さんが留学しているニューヨークのフォーダム大学まで追いかけ回した。

 『バイキング』の取材カメラは、大学に通う学生たちに次々に声をかけて「小室圭と会ったことがあるか?」と質問し、また、大学周辺のレストランをしらみつぶしに回って目撃情報を収集した。ストーカーのように小室さんのプライバシーを暴いて晒したのだ。おおよそ公共の電波をつかってやることではない。

 さらにスタジオでは、小室さんの代理人弁護士による<彼はいまライフプランをつくっている。アメリカでの3年間でさまざまな人と出会い、経験を得ている。そして、彼自身の人生の視野を広げている最中>という説明に対し、MCの坂上忍やパネラーの面々が嘲笑。

 ミッツ・マングローブによる<ライフプランをいつつくってもいいんですけど、いまさらこんな青臭いこと言う人がよく婚約なんかしたなと思って。なんだったんだろうって感じですよね>という発言には、小室さんを嘲る笑い声がスタジオ中に響いた。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。