エンタメ

小室圭さん皇室入りで“圭殿下”狙うよりも、「NYで眞子さまと結婚」のほうが幸せ

【この記事のキーワード】
小室圭さん皇室入りで圭殿下狙うよりも、「NYで眞子さまと結婚」のほうが幸せの画像1

『 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ 』(毎日新聞出版)

 アメリカ留学中の小室圭さん(27)が、いよいよ長い夏休みに突入するそうだ。現在は国際弁護士の資格取得を目指して米フォーダム大ロースクールで学んでいる小室さんだが、5月15日で試験が終了し、次は法務博士号を取る「JDコース」に編入することが決まっている。「JDコース」がスタートするのは9月になるため、まさにこれからロングバケーションを満喫することとなるが、あまりに長い夏休みである。報道陣が待ち構えることを覚悟の上で帰国するのかとも見られたが、代理人を通じて「夏休み期間中に日本には帰らない」と表明していると、14日配信のスポニチアネックスが伝えている。

 また、秋篠宮家の眞子さま(27)と長い夏休み期間中にアメリカでお忍びデートをされるだろうと複数のメディアが予想しているが、同紙も同様だ。眞子さまは7月中旬、日本人移住120周年を記念してペルーとボリビアを訪問される方向で検討されている。その際にロサンゼルスを経由して、そこで小室さんとお忍びで逢われるのではないかというのがスポニチアネックスの予想だ。「密会すれば大きな話題となる」、と書かれたこの記事についたネット上のコメントは14日午後2時現在で1100件を超えており、そのほとんどが「大きな話題ではなく、大きな問題と言うべきだろう」「眞子さまと小室氏がロスで逢うその飛行機代はいったいどこから出るのか」と、ほとんどがふたりの逢瀬を許さないという論調である。

 稀代の嫌われ者に仕立て上げられ、婚約内定者の座から引き摺り下ろそうとされている小室さんだが、目下話題のトピックは眞子さまとの逢瀬のみならず、「小室さんが宮家の殿下を狙っている」という破天荒なものだ。

 “小室圭さん殿下狙い説”の発端は、情報番組『バイキング』(フジテレビ系)で紹介された小室さんの代理人弁護士の発言といえる。「小室さんが弁護士になるとは言っていません。彼はいまライフプランを作っている最中です」という主旨で、ライフプランの定まらないうちに眞子さまに求婚したのかと大炎上。14日発売の「女性自身」(光文社)は、代理人弁護士の「一般論として答えたこと。『そのままNYで弁護士活動をするとは限らない』と申し上げただけ」と困惑する声を伝えた。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。