エンタメ

上原多香子への不貞批判にコウカズヤが「自殺は親の責任」「真実知っている」と意味深な匂わせ行為

【この記事のキーワード】
上原多香子への不貞批判にコウカズヤが「自殺は親の責任」「真実知っている」と意味深な匂わせ行為の画像1

コウカズヤTwitterより

 元SPEED上原多香子の再婚相手、演出家のコウカズヤがTwitterでレスバトルを繰り広げた。ことの発端は、上原多香子が12日、非公開のTwitterで<母の日。母と呼ばれた日。感謝>とツイートをしたことだった。

 これをスポーツ紙のネットニュースが報じると、前夫・TENNさん(享年35)は上原の不倫を苦にして自死したと伝えられていることから、上原に対して「よく言えるな」「元旦那の母親の気持ち考えたら普通は(こんなツイートを)できない」等と厳しく批判する声が続出していた。

 この状況に異論を唱えたのが、上原の夫・コウカズヤだった。

<鍵アカウントにして、特定の人にしか見れないはずのうちの嫁のツイートが、週刊誌のネットニュースに晒されて、また蚊の大群がウジャウジャ湧いてきました。鬱陶しい。実に鬱陶しい……>
<匿名の方のコメントには、屁でしか返しませんので>
<ここで実体のない匿名の方にどんだけ叩かれても屁とも思わないので、どんどん叩いてくれて結構です>
<夫婦間のこと、親族間のこと、僕も含めて一般の方々は全てを知る由もないですから。実情、あちらさんサイドの都合のいい表面的なところしか報道されてないので。少なからず、僕はあなたより真実がどうだったのかということを知っております。だから嫁と結婚できました>
<自殺するような子供になったら親の責任なんで、その時はそんな子供にしてしまった自分を責めますよ。ぷー>

 最後の自殺のくだりには、「TENNさんやその遺族に失礼すぎる」と批判リプライが相次ぎ、あるユーザーは<それをtennさんのご家族に言えますか? 自殺はtennさんの親の責任なんですか? 上原さんの不倫ですよね>と糾弾。コウは<はい。僕の主観ですけどね。いつでも言えますよ。ぷー><自分で自分を殺めたらダメよ。殺人よりタチ悪いよ。プー>と返答している。

 一時は<もう飽きたんで、終わりー>とTwitterから離脱したコウカズヤだが、一連のツイートが大炎上すると、翌15日に<思った以上に面倒くさいことになってしまい、僕の周りに多大なるご迷惑をかけてしまった。今は自分が子供だったと反省しております。もう二度とみなさんとは向き合わないので、今後は何を言われても貝にならせてもらいます>とツイートして締めに入った。

 また、<これだけは保身のために言わせてもらいます。自殺が全て、親の責任とは一切思っておりません。もしも僕自身の子供が自殺をしたら、僕は親である自分自身の責任だと思うということです。あくまでも自分の子供限定です。話の流れをすっ飛ばして、一部分だけ切り取って解釈しないでいただきたいです>と釈明した。15日午後には一連のツイートを全削除している。

バッシング相次ぎ四面楚歌の上原多香子

 コウカズヤの一連のツイートの是非はともかく、妻・上原多香子を守りたい気持ちがあったことは確かなのだろう。上原は、2017年8月に不倫を大々的に報じられた。

 TENNさんの遺族が、自殺の原因は上原の不倫にあったとして、週刊誌上にTENNさんの遺書などを公開。上原と不倫相手・阿部力が交わした「子供がほしい」等のLINEメッセージが明らかになると、上原はマスメディアや世間から「鬼畜」「あまりに非道」と厳しくバッシングされる立場になった。この騒動を受けて、上原は芸能活動を休止して実質的な引退状態となっている。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。