ビジネス

「ネットラジオ」配信は副業として狙い目? 人気配信者に直撃してみた!

【この記事のキーワード】
「ネットラジオ」配信は副業として狙い目? 人気配信者に直撃してみた!の画像1

ネットラジオサービス「SPOON」

 「働き方改革」が叫ばれる今、副業の需要が高まりを見せているが、そのひとつの選択肢として、ネットラジオが注目され出していることをご存じだろうか。

 現在、素人が創作活動で収入を得る方法としてメジャーなのは、「YouTube」での動画配信だ。人気YouTuberのように巨万の富を築く者も現われており、一発当てればビッグな夢のある副業だと言えるだろう。

 しかし「YouTube」は、サービスの浸透に伴って参入者が増大し続けており、既に知名度のある芸能人がチャンネルを開設してYouTuberとして活躍するなど、競争は激化の一途を辿っている。今から素人が活動を始めても、人気を獲得するのは至難の業だ。そこで新しいフィールドとして関心を集めているのが、ネットラジオだ。

 現在、個人が配信できるネットラジオには「Podcast」や「Voicy」「Radiotalk」といったサービスが登場しているが、副業として注目されているのが「SPOON」だ。「SPOON」は、登録すればすぐにでも配信を始められる手軽さで、雑談を話すだけでもファンを獲得できる。顔を出す必要がないことというのも人気の理由だ。

 「SPOON」には、リスナーからの投げ銭によって月数十万円の収益を上げている人気配信者も存在しているという噂だ。2018年春に日本上陸したばかりのサービスなので、まだ競合相手が少ないということもあり、狙い目にも思えるが……実際のところはどうなのだろうか。

 「SPOON」内でトップクラスの人気を誇る配信者tel氏に、「SPOON」というサービスの特徴や、ネットラジオの副業の可能性ついて聞いてみた。

身だしなみを整える必要も、カメラ機材もいらない手軽さが魅力

 まず始めに、tel氏は日々どのような配信を行っているのだろうか。

「『SPOON』には、生配信を行う『ライブ』と、録音したコンテンツを投稿する『キャスト』があるのですが、私は『キャスト』をメインに活動しています。その日にあったことや考えたことを話して、10分ほどの尺でまとめて、『ハチラジ』というチャンネル名で投稿しています。

 配信者側として把握しているのはあくまでも再生数なので、同数の人に聴かれているかは分からないのですが……私の場合、ひとつのコンテンツはおおよそ3000回~5000回聴取されていますね」(tel氏)

 tel氏が「SPOON」での活動を始めたのは、昨年6月。その頃と比べると、「ユーザーは確実に増えている印象」だという。

「有名な動画サービス『YouTube』や『ツイキャス』と違って、『SPOON』はコンテンツ制作にかかるコストが低いことが、理由のひとつとして挙げられるでしょう。自身が出演する動画コンテンツを作ろうと思えば、身だしなみやカメラ機材の準備など、それなりの用意をする必要があります。ですが、音声のみコンテンツならば、大きなコストをかけずに投稿できるという点が大きな魅力となっているのではないでしょうか」(tel氏)

 では、配信者が徐々に増えているというなかで、「SPOON」の人気コンテンツはどんなものなのだろうか。

「毎日同じ時間に生配信したり、耳に心地よい声で配信したりと、リスナーが聴きやすい配信ができている人は、単純に評価されていると思います。また、音声だけで人を楽しませられるコンテンツとはどのようなものか、内容を考えて工夫しながら投稿している人ほど、人気を得ているという印象もありますね」(tel氏)

ネットラジオ副業で「月に数十万円の高収入」という噂は本当か!?

 では、これらの教えを守って人気配信者になれたとして、気になるのがその収入だ。ネットラジオは、副業としても魅力的な分野なのだろうか。

「『SPOON』でお金を稼ぐ方法は、つまり『投げ銭』をもらうことです。サービス内では『スプーン』と呼ばれているポイントを、リスナーが『いいな』と思った配信者やコンテンツに対して、配信者への評価やコミュニケーションという意味を込めて贈ることができます。『1スプーン』につき10円という単位で、配信者はその4割を取り分として受け取ることができます」(tel氏)

 つまり、「100スプーン」獲得すれば400円の収入になるということ。ちなみにtel氏の場合、1コンテンツで「100スプーン」を超えることもあるが、1コンテンツで獲得できるスプーン数は一桁代が多いのが実情のようだ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。