エンタメ

関ジャニ∞の番組がまた…女性差別・肥満体型嘲笑で炎上 テレビの“常識”アップデートを

【この記事のキーワード】
【完成】関ジャニ∞の番組がまた…女性差別・肥満体型嘲笑で炎上 テレビの常識アップデートをの画像1

『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)番組ホームページより

 関ジャニ∞の村上信五、丸山隆平、安田章大がレギュラー出演しているバラエティ番組『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)の放送内容が物議を醸している。

 この日の『ありえへん∞世界』では「人はお金さえ払えばカメラの前で秘密を語るのだろうか?」という新企画を放送。その検証のひとつが、道行く人に体重を答えてもらうものだった。体重は秘密にしたいもの、ということだ。

具体的には、道行く人が体重を答えたうえで、その場で体重計に乗り、洋服込みで0.1kg単位までズレなくピッタリ当たったら金一封(1万円)を贈呈するという企画だった。

 体重なんて日によって変わるもので、食事内容によって1日のなかでも1kg前後の幅がある。まして、洋服まで込みとなると、0.1kg単位まで寸分違わず当てるのは至難の業だと思うのだが、炎上の理由はそこではない。

 問題なのは、声をかけた「道行く人」の人選だ。番組では3組の通行人に声をかけているのだが、そのすべてが女性だった。

 ひと組目は女性ひとり。彼女は申告の体重よりも0.8kgオーバーして失格した。彼女は夫に対して10kgサバを読んでいるらしく、番組が放送されることで嘘がバレる、と笑いながら心配していた。

 ふた組目はフラペチーノを美味しそうに嗜む女性ふたり。このうちのひとりが企画に挑戦したのだが、実際の体重は申告よりも2kg近く軽くて失格。しかし、金一封は逃したものの、予想よりも軽い体重が計測されて満足そうな顔を浮かべていた。

 最後は子どもを連れたお母さん二人組。彼女たちは金一封が出ると聞いても企画への参加を拒絶。その代わり、小学生の娘を身代わりに差し出した。結局は0.1kgの僅差で失敗。その後、娘による<ねえ次、自分やってみて>の声に観念して母も企画に参加したが、娘と同じくこちらも0.1kg違いで失敗してしまった。

 こういった番組内容を受けてネットであがっている批判の多くは、女性ばかりを意図的に抽出していることを問題視しているが、そもそも、体型をネタにして嘲笑を誘おうという番組企画そのものが、いまの時代においてもはや決定的にナンセンスだ。たとえ検証内容に男性が入っていたとしても、問題視されてしかるべき企画だったのではないか。

関ジャニ∞の番組は今年の元日にもセクハラ発言などで炎上

 関ジャニ∞のバラエティ番組といえば、今年の元日に放送された『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系)のお正月特番「真夜中のおひとり様 東京大捜索スペシャル」も、炎上騒動につながってしまっていた。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。