続く荻野由佳へのバッシング NGT48センターの悲惨な現状

【この記事のキーワード】

非難殺到でモデルを務めたプロモーションコンテンツが削除

 荻野由佳へのバッシングは、彼女の仕事に影響を及ぼしている。ティーンに人気の女性ファッションブランド「Heather」は、先月17日から公式Twitter上で今季の浴衣のプロモーションを開始し、荻野をモデルとした商品の画像を公開していた。さらに20日には、公式サイトの特設ページにも荻野が登場し、ウェブマガジンもスタートした。

 しかし、暴行事件への波紋が広がるなかで荻野を起用することに対し批判が殺到。

「なぜこのタイミングで荻野由佳を起用するのか」
「ブランドの印象が悪くなる」
「Heatherはもう買いません」

 こういった意見表明がネット上に相次いだのだ。今回の事件に特別関心を持っているネットユーザーやアイドルファンだけでなく、「Heather」の顧客である層からも批判され、23日、ブランドを展開する株式会社アダストリアは謝罪文と共にプロモーションコンテンツの削を発表した。

 繰り返しになるが、事件への関与が明らかでないにもかかわらず、特定のメンバーへの誹謗中傷が蔓延る事態は非常に危険だ。ネットの憶測はあくまでも憶測でしかない。AKS関係者は荻野と犯行グループの繋がりは“誤解”だと証言している。

NGT48事件の疑惑に「荻野由佳と中井りかは本当に無関係」と主張 犯行教唆以前の問題とは

 NGT48をめぐる問題が、山口真帆らの卒業で再びヒートアップしている。昨年12月に自宅マンションで暴行事件の被害に遭った山口真帆は、4月21日のチーム…

続く荻野由佳へのバッシング NGT48センターの悲惨な現状の画像1
続く荻野由佳へのバッシング NGT48センターの悲惨な現状の画像2 ウェジー 2019.04.25

 AKS側もあらためて荻野の無関係を正式に主張すればよいはずだが、なぜ荻野が針のむしろ状態であるのを黙って見ているだけなのだろうか。

 山口真帆、そして彼女を支えてきたとされる菅原りこ、長谷川玲奈の卒業公演は5月18日に開催。NGT48は今まで二つに分かれていたチームを解散させ、「1期生」として“再スタート”することも発表している。だが、たとえ再スタートを切っても、グループのセンターである荻野由佳の悲惨な現状を見る限り、グループが正常な活動をできるとは到底思えない。

1 2

「続く荻野由佳へのバッシング NGT48センターの悲惨な現状」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。