エンタメ

Hey! Say! JUMPアリーナコンサート延期には中島裕翔の“脱退希望”報道も影響か

【この記事のキーワード】
Hey! Say! JUMPアリーナコンサート延期には中島裕翔の脱退希望報道も影響かの画像1

Hey! Say! JUMP公式サイトより

 Hey! Say! JUMP が今月19日、今年度のアリーナコンサート開催を見送ると発表した。Hey! Say! JUMPは2007年のデビュー以降、毎年欠かさずアリーナコンサートを実施してきたが、公共交通機関でのファンのマナーが改善されないことが原因で、今年は開催しないことを決めたとしている。

 昨年はジャニーズファンのマナー違反が大きな話題となった。ジャニーズ事務所が異例の「注意喚起メール」を送信するなど、“史上最悪状態”にまで悪化しているとも言われ、なかでもHey! Say! JUMPファンの迷惑行為はグループのメンバーからも注意を受けていた。

八乙女光「メンバー全員本当に辛いし、寂しいです」

 八乙女光はファンの迷惑行為に数年前から苦言を呈していた。たとえば、2017年の会員サイトブログ「JUMPaper」の記事では「嫌われても良いから書きたいことがある」とし、新幹線の駅や空港でメンバーを追いかけるファンに注意を促した。その時点で八乙女は、最悪の場合にはコンサートの中止もあり得る、と綴っている。

 しかし昨年10月には、東京駅に到着したメンバーをファンが追い掛け回し、新幹線を遅延させる騒動が勃発。この騒動後も八乙女は「JUMPaper」を更新し、「メンバー全員本当に辛いし、寂しいです」「どうすれば伝わるのかな」と、苦しい胸のうちを明かした。

 昨年11月に長野で行われたコンサート中にも、ファンのマナーが改善されないと「コンサートが出来なくなる」ことをあらためて説明し、一般の利用客に迷惑をかけないために「今日は新幹線ではない方法で帰る」と宣言。後日、八乙女はブログに「バスで帰ったので身体が痛い」と記しており、本当にバスで東京に戻ったようだ。

Hey! Say! JUMPのファンがまたも交通機関で暴走 暴言を吐くファンにメンバーも辟易「あー、まじうぜぇ」

 一部のHey! Say! JUMP(以下、平成ジャンプ)ファンの交通機関でのマナーが、またもや問題となっている。 騒動が起こったのは、今月18日の…

ウェジー 2019.01.21

 再三にわたりメンバーが注意したにも関わらず、ファンのマナーが改善される見込みがない以上、コンサートの開催見送りも致し方ないだろう。ただ、コンサート延期の原因はファンマナーだけではない可能性もあるとして、一部のファンは不安を募らせている。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。