社会

荻野由佳への脅迫で逮捕、「正義」に殴られ続けるNGT48残留メンバーたち

【この記事のキーワード】
【完成】荻野由佳への脅迫で逮捕、「正義」に殴られ続けるNGT48残留メンバーたちの画像1

荻野由佳Instagramより

 新潟県警は20日、アイドルグループNGT48メンバーの荻野由佳を「殺す」と脅迫したとして、京都府在住の無職・堂本一輝容疑者(24)を逮捕した。

 堂本容疑者は9日、荻野由佳の名前と「殺す」と繰り返し書いたファックスを新潟県内の行政機関や一部報道機関に送信。送信先の機関から代理人を通して連絡を受けた荻野由佳が被害届を提出し、捜査を行っていたという。堂本容疑者は「送ったのは間違いない」と供述している。

 NGT48をめぐっては、今年1月に発覚したNGT48の暴行事件への関与が疑われ、数名のメンバーへのバッシングが相次いでいる。とくに荻野由佳はグループ内でも知名度の高いメンバーだっただけに、誹謗中傷に晒されてきた。

 先月には、女性ファッションブランド「Heather」の荻野を起用したプロモーションに批判が殺到、広告が取り下げられた件も記憶に新しい。今回の脅迫事件は、エスカレートし続ける荻野由佳へのバッシングが度を越した例とも言える。

 ネットでのバッシングに晒されるNGT48メンバーは、他にも西潟茉莉奈や太野彩香、山田野絵らがいる。4月27日、山口真帆を除くNGT48メンバーが横浜スタジアムで行われた「AKB48グループ春のLIVEフェス」に出演したが、会場ではメンバーたちに野次が飛ぶシーンもあったようだ。山田野絵がステージ上で号泣する姿は、ネット上で拡散された。

 5月18日、新潟市内の劇場では、山口真帆、長谷川玲奈、菅原りこの3名が卒業公演を行った。運営から暴行事件について十分な説明がないまま、被害者の山口真帆がグループを去ることになったが、これで事件が収束しNGTは再スタートを切れるのだろうか?

 そもそもネット上ではNGTメンバーを「白」か「黒」かで分断する見方が根強い。山口らの卒業公演には一部のメンバーが登場したが、こちらを「白」としたうえで、登場しなかったメンバーに批判を向けるファンは少なくない。しかしこの事件の核心を、“メンバー間の確執”の問題にしてしまっていいのだろうか。女同士の闘いのような見え方にすりかわってしまえば、本質を見失かねない。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。