荻野由佳への脅迫で逮捕、「正義」に殴られ続けるNGT48残留メンバーたち

【この記事のキーワード】

 また、荻野ら特定のメンバーへのバッシングの根拠となっているのは、過去に配信された個人動画での言動や、ブログの文章といったものばかりだ。そのうえで、山口真帆が「味方をしてくれた」と言及していないメンバーたちが「黒」とされている。しかし山口真帆に寄り添わなかったことがすなわち犯人グループとつながっていた証拠と捉えるのは短絡的ではないか。彼女たちを誹謗中傷することが“正義”であるかのような空気には、危機感を覚える。

NGT48事件の疑惑に「荻野由佳と中井りかは本当に無関係」と主張 犯行教唆以前の問題とは

 NGT48をめぐる問題が、山口真帆らの卒業で再びヒートアップしている。昨年12月に自宅マンションで暴行事件の被害に遭った山口真帆は、4月21日のチーム…

荻野由佳への脅迫で逮捕、「正義」に殴られ続けるNGT48残留メンバーたちの画像1
荻野由佳への脅迫で逮捕、「正義」に殴られ続けるNGT48残留メンバーたちの画像2 ウェジー 2019.04.25

 “悪者”のレッテルを貼りつけたメンバーに暴言をぶつけるのは、歪んだ正義感であり、明らかに誤った認識だ。相手が有名アイドルとはいえ、根拠のない情報を流せば名誉毀損にもなり得、ましてや殺害予告などは逮捕事案となる。山口真帆を応援する一方で、「黒」と決め付けたメンバーを貶めることは、山口真帆の望むところなのだろうか。

 第三者委員会による調査報告書では、メンバーの事件への関与はないとされた。それでもおさまらぬバッシングを沈静化させるには、3月におこなった会見で持ち帰った議題を、運営側が再度検証し、報告の場を設けることが必要だろう。それは「スタッフと一部のファンとの私的領域での接触について」などだ。メンバーたちが矢面に立たされ、批判に耐え続ける状況を、早く終わりにしなければならない。

1 2

「荻野由佳への脅迫で逮捕、「正義」に殴られ続けるNGT48残留メンバーたち」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。