Coco壱、吉野家でも 増え続ける「ベジタリアンメニュー」の意外な美味しさ

【この記事のキーワード】

南インド人が店主のインドカレーレストラン「ケララバワン」

 南インドのケララ州出身のサッシーさんが経営する南インド料理のレストラン。日本のインド料理店といえば北インド料理がメインになる中、「ケララバワン」は南インド料理がメインのレストランだ。

 店主いわく、ケララ料理の特徴はオイル控えめで野菜と豆が多め、スパイスを上手に取り入れて消化力を高めた、胃にも体にも優しいお料理だという。初めて訪れたなら、いろいろな南インドカレーを少しずつ味わえるケララ家庭料理のミールス(定食)がおすすめだ。

 他にも、なかなか日本ではお目にかかれないケララ州の家庭料理「プットゥ」「イディヤッパン」「アッパム」も味わえる。いずれも米を主体にした主食で麺、パン、クレープ状だ。また、米粉と豆粉から作られるクレープにじゃがいもの具が入った「マサラドーサ」、米粉の蒸しパン「イドリ」は、日本人の味覚にもよく合う料理だ。

自然食系のマクロビレストラン「チャヤマクロビ東京汐留店」

 「チャヤマクロビレストラン」のホームページによると、「マクロビオティック」とは、穀物や野菜、海藻などを中心とする日本の伝統食をベースとした食事を摂ることにより、自然と調和をとりながら、健康な暮らしを実現する考え方だ。

 「チャヤマクロビ」では肉、卵、乳製品、白砂糖、化学調味料不使用のマクロビ料理を手軽に味わえる。東京汐留店は、天井も高く開放感があり、グルテンフリーやヴィーガンメニューもある。ランチタイムにはワンプレートで食事が提供され、具にアボカド、切り干し大根、大葉が入った「玄米巻き寿司プレート」や「スーパー大麦入り豆腐団子と野菜の黒酢あんかけ玄米ボウル」などヘルシーなメニューが並ぶ。

 また、サイドメニューにある「大豆ミートからあげ」は、ベジタリアン料理のおすすめの一品だ。鳥を使っていないのに満足できる食感と味つけは試す価値ありだ。

1 2 3 4

「Coco壱、吉野家でも 増え続ける「ベジタリアンメニュー」の意外な美味しさ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。