LINE Payの特徴は「送金」機能 「300億円キャンペーン」をきっかけに利用を検討する人への解説

【この記事のキーワード】

すんなり1,000円はもらえない!LINE Payの目的は?

 単にお得が目的の人にとっては、誰かが自分に送ってくれない限り1,000円を受け取れないので「PayPayみたいに本人に1,000円くれるなり、本人にポイント還元をするなりしてほしい!」と思うかもしれません。LINEがあえて巻き込み型でキャンペーンを行ったのは、利用者数の増加が狙いです。

 また、LINE Payの他のスマホ決済との大きな違いであり魅力は「送金」であることを伝えたいのだと思います。

 LINEは使っていない人を探すのが難しいほどに普及し定着している通信ツールです。つまり、既に多くの人がLINEを利用し、多くの人と繋がっているわけです。ショップや飲食店への支払いという意味では、PayPayや楽天ペイと変わりませんが、「送金」ツールとしてはナンバーワンになり得るでしょう。例えば、飲み会の割り勘でちょうどいい金額を持ち合わせていなかった時などに送金機能はとても便利で簡単です。あとは、送金したいタイミングが日常生活にどれほどあるのかが問題でしょう。

 今回のキャンペーンで「300億円」を打ち出しているところを見ると、LINE Payを普及させることへの本気度は感じますが、果たして「友だちに送る」+「利用登録」というハードルは吉と出るのか? 注目しつつ、とりあえず1,000円は使わせていただきたいと思います。

1 2

「LINE Payの特徴は「送金」機能 「300億円キャンペーン」をきっかけに利用を検討する人への解説」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。