滝沢秀明の『Mステ』演出に「出しゃばりすぎ」の批判、ジャニーズJr.改革に不満か

【この記事のキーワード】

ジャニーズ事務所は派閥争いをしている場合ではない

 滝沢秀明がジャニーズ事務所の裏方に回ったことにより、ジャニーズ事務所内に“派閥”ができたとの噂も漂っている。

 滝沢秀明はジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川氏から信頼を得ていることから、ジャニーズJr.だけでなく、すでにデビューしているタレントに口出しをするほどの権力を持っているとの報道も多い。たとえば、滝沢がデビュー組の素行不良タレントに口を出したり、滝沢とジャニーズ事務所幹部の派閥争いが勃発前夜だったりという噂だ。

 一部のメディアでは、中居正広は滝沢の改革に賛成しているが、中居と不仲といわれている木村拓哉は対抗する姿勢を見せており、ジャニーズタレントの間でも派閥ができていると報じた。

 しかし、ジャニーズ事務所に今、派閥争いなどという内輪もめをしている余裕があるのだろうか。関ジャニ∞・錦戸亮や、Hey! Say! JUMP・中島裕翔など、グループ脱退や退所を希望していると報じられたタレントは多く、内部の混乱は見て取れる。嵐の活動休止は決定事項ですでにカウントダウンが始まっている。Hey! Say! JUMPファンの暴走により、ドル箱の全国ツアーも中止を余儀なくされた。ジャニーズ事務所内で派閥争いや競争をしている場合ではないだろう。

1 2 3

「滝沢秀明の『Mステ』演出に「出しゃばりすぎ」の批判、ジャニーズJr.改革に不満か」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。