NGT48内の山口真帆いじめを浮かび上がらせた加藤美南誤爆「山口さんが邪魔な存在だというニュアンス」

【この記事のキーワード】

山口真帆が糾弾した「ファンとつながるメンバーの危険性」

 山口真帆は事件発生直後から一貫して、「ファンとつながるメンバーは危険だ」とNGT48を運営するAKSに訴え、改善を要求してきた。山口を襲うよう、メンバーがファンの男を唆したかどうかは別として、男らがNGTメンバーの住むマンションに容易に侵入できるようになった経緯には、一部の「ファンとつながるメンバー」が関わっているだろう。そうでなければ、なぜ男らが山口真帆の住む部屋の向かいの部屋を借りることが出来たのか、まったくわからないからだ。

 ファンとつながりたくない山口真帆と、ファンとつながりたいメンバーとの軋轢は明らか。ただ、NGT運営内部には「ファンとつながりたいメンバー」を保護し、NGTというグループそのものの抱える問題を世間に明らかにした山口真帆こそ異質な存在とみなす向きがあったのだろう。

 しかし組織の不正を訴えた山口真帆こそが、世論を味方につけた。そのうえ、メンバー間でのいじめをうかがわせるような動画の拡散。加藤浩次と近藤春菜が糾弾したように、本質が明らかになってしまった今、NGT48がクリーンなアイドルグループに生まれ変わったとして世間に受け止められる日が来るとは到底思えない。

1 2

「NGT48内の山口真帆いじめを浮かび上がらせた加藤美南誤爆「山口さんが邪魔な存在だというニュアンス」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。