エンタメ

長瀬智也がTOKIOから脱退意思?「山口のため解散しない」はずが

【この記事のキーワード】
長瀬智也がTOKIOから脱退意思?「山口のため解散しない」はずがの画像1

山口達也事件発覚後のTOKIO4人での会見

 「女性セブン」2019年5月30日号(小学館)が公開した、元TOKIO山口達也の近影は大いに話題になった。しかしそのTOKIOが空中分解目前であり、長瀬智也が「もうTOKIOをやってられない」とジャニーズ事務所に直訴しているという不穏な速報、を「週刊文春」(文藝春秋)がLINEで届けている。詳報は有料記事を購入、または23日発売の同誌を待つ必要がある。

 長瀬智也がTOKIOの現在の活動に不満を抱いているとの情報は、今年1月に「日刊ゲンダイ」が伝えていた。山口達也が事件を起こし去って以降、TOKIOの音楽活動は休止している。しかし長瀬智也は音楽をやりたい気持ちが強く、プライベートでもバンドを組んでいる。このまま芸能界をフェードアウトしかねない、との論調だった。

 さらに4月2日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)も、長瀬智也が音楽活動を出来ない不満を抱えており、「周囲に“やっぱりみんなでバンドをやりたい”とこぼしている」と伝えた。長瀬にとってTOKIOで音楽を奏でることは非常に重要な意味を持つものだったようだ。

 テレビバラエティや芝居など、ジャニーズ事務所所属のタレントとして、音楽以外の活動はいろいろと舞い込むだろう。だが長瀬がもっともやりたいことがTOKIOとしての音楽活動だとしたら、新曲の制作やライブツアーについてメンバー間や事務所スタッフで話し合えばいい。それとも、話し合ったものの意見が一致せず「もうTOKIOをやってられない」というショッキングな言葉につながっているのだろうか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。