小室圭さん卒業式欠席を「そういうところだよ」と嘲笑するフジ『グッデイ』

【この記事のキーワード】

 それを受けて羽鳥アナは<多少、多少はある。どうもね、取材した雰囲気だとやっぱり、通過点みたいなんです。小室さんにとっては。だから、『出たかったんだけど、なんだよ!』っていう感じはどうも少なそう。別に、我々を自己弁護するわけではないですけど、(区切りという感覚は)ちょっと少ない感じみたいんです。別にこれがターニングポイントじゃないっていう。JDコース終わった後、出なかったら我々土下座しないといけないと思いますけれど>と、小室さんが卒業式に出なかったのはメディアのせいばかりではないと言い訳のように語った。

 だがそこにテレビ朝日コメンテーターの玉川徹氏が踏み込んだ。玉川氏は<だけど、羽鳥さん。僕、大学終わって、大学院行きましたけど、確かに通過点だったけど、その時点では。でも、大学の卒業式は出たよ>と、羽鳥アナのコメントを一刀両断。これには羽鳥氏も<うん……。(沈黙)えぇ、返す言葉がありません>と黙り込むしかなかった。

 スタジオではこんなやり取りがあった一方で、この日の『モーニングショー』もやはり小室さんの極めてプライベートな領域に踏み込む取材を行っていた。小室さんと同じLLMコースに通っていた彼と親交のある中国人留学生と韓国人留学生からコメントをとって真面目に勉学に励む小室さんの生活ぶりを伝えたのだ。

 さらに、『モーニングショー』は、小室さんが5月18日夕方にセントラルパーク近くで行われたフードフェスティバルで、日本から出店しているラーメン屋・鬼そば藤谷の屋台に立ち寄りロブスター味噌ラーメンを食していたという、どうでもいいにも程がある情報も紹介していた。

 その流れで『モーニングショー』は、フォーダム大学総長にまで取材して小室さんのコメントを求め、総長は<神の元で一生懸命に勉強に励んでほしいが、『よく学びよく遊べ』ということは忘れないでほしい>という言葉を返してくれたのだという。

 具にもつかない取材に対して丁寧に対応してくれたフォーダム大学総長もすごいが、総長のコメントを聞いた青木氏は、『モーニングショー』も含めた日本のメディアのあり方に改めて苦言を呈したのであった。

<『よく学びよく遊べ』っていうね。でも。その『遊べ』っていう部分を、僕もその通りだと思いますよ。勉強ばっかりじゃアレだから、たまには息抜きしてって思うけど、息抜きできない状況になっちゃってる。それがひとつですよね>
<小室さんと眞子内親王の婚約について、小室さんの側にものすごい問題があるというような論調が、ムードが、メディアとか日本社会に多いんだけれど、別にあれはお母さんのお金のトラブルなわけじゃないですか。小室さんご本人をこうやって見ると、ごく普通の真面目な青年という声が多いですよね>
<いまの日本社会というかね、なんとなくメディアも含めた雰囲気って、いかがなものなのかなっていうことを改めて僕はそれを見ながら思いましたけど>
<メディアの取材って、残酷だなって思いますよね。公共性のあるものであれば、多少迷惑をかけてもやんなくちゃいけないこともあって、果たしてこれはどうなのか?>

1 2 3 4

「小室圭さん卒業式欠席を「そういうところだよ」と嘲笑するフジ『グッデイ』」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。