エンタメ

NGT48早川麻依子支配人の「真実」ツイートが、報告書とあまりに違いすぎる

【この記事のキーワード】
NGT48早川麻依子支配人の「真実」ツイートが、報告書とあまりに違いすぎるの画像1

NGT48「青春時計」(タイプB)

 NGT48の暴行事件発覚からおよそ5カ月。被害を告発した山口真帆はグループを卒業して大手芸能事務所研音への移籍が決定、ともに卒業した菅原りこ、長谷川玲奈も別の道へと歩み出した。

 このタイミングでNGT48劇場の新支配人・早川麻依子氏がTwitterを開始し、そこでの発言が物議を呼んでいる。

 早川支配人は5月24日にTwitter運用を開始。<被害を受けたにも関わらずしっかりとケアをしてあげられなかったメンバー、そして辛い思いのまま卒業してしまったメンバーには本当に申し訳ないと思っています>と、山口・菅原・長谷川への謝罪の念を綴ったうえで、現役NGTメンバーへの誹謗中傷に言及した。

<今この瞬間も、ネットでの誹謗中傷、殺害予告、嘘の拡散などに苦しんいるメンバーが沢山います。メンバー本人やご家族は、否定したくても否定できない環境の中で、耐え難い日々を送っています>
<メンバーを預かる支配人として、違うことは違うと、NGT48のメンバーのために発信していきたい>
<「あくまで噂は噂であって、真実ではない」ということを少しでもご理解して頂ける場になればと思っています>

 事件発覚から現在に至るまで、NGT48の一部メンバーは事件への関与を疑われ、激しいネットバッシングを受けている。なぜ当人たちは「否定したくても否定できない環境」にいるのか不明だが、ともかく早川支配人はこうした状況を収めたいのだろう。しかし、遅きに失した。

 Twitterでは「今さら何を言っている?」「事件が発生してからどれだけ時間あったのか」「山口真帆さんたちを追い出してから言い訳を始めるなんて卑怯すぎる」などと批判リプライが殺到している。

 そればかりか、早川支配人のツイート内容には一部、3月に公表した第三者委員会の調査報告書との矛盾があり、謎は深まるばかりだ。

第三者委員会の調査報告とまるで違う「つながり」認識

 早川麻依子支配人は26日、暴行事件のきっかけだったとして争点になっている、犯行グループとの「つながり」(私的領域での接触)を持っていたメンバーについて、Twitterで下記のように説明した。

<報告書に出ている、具体的に名前が挙がった12人ですが、
○○がつながっていると人から聞いた。
○○っぽい子が男の人といるのを見た。
○○はつながっていると思う。
○○が人目を避けるように歩いていた。
という曖昧な話ばかり。
処分しようにも全く証拠がありません>

<つながりを申告してきたメンバーもいました。
DMを2回返信してしまったが私的に会った事はない。
また、取材先の飲食店の方が偶然ファンで、クレープをサービスしてくれて、来店のお礼のDMについ返信をしてしまった。
そんな内容のものでした>

 しかしこれこそ「なぜ、今さら?」だ。3月21日に発表された第三者委員会による調査報告書には、こうあるからである。

< 一部のメンバーは、私的領域における接触(いわゆる「つながり」)を持っていたことが,本件調査の中で,「噂」レベルではなく,具体的な事実として垣間見ることができた>

 そのうえ報告書では、暴行事件の犯行グループに話しかけられて何の抵抗もなく会話をしているメンバーや、複数回個別に会っていたメンバーがいること、事件現場となったマンション内で以前より犯行グループと会っていたメンバーがいることまで明記されている。これは第三者委員会の事実誤認なのだろうか?

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。