エンタメ

磯野貴理子の元夫へ誹謗中傷止まらず、「僕も疲れた」のひとことに総バッシング

【この記事のキーワード】
【画像完成】磯野貴理子の元夫へ誹謗中傷止まらず、今度は「僕も疲れた」のひとことに総バッシングの画像1

『はやく起きた朝は…』公式サイトより

 タレントの磯野貴理子(以下、貴理子)(55)と24歳年下の元夫T氏の離婚騒動が、尾を引いている。

 磯野貴理子が離婚を発表したのは5月19日放送の『はやく起きた朝は…』(フジテレビ系)でのこと。1994年から続くご長寿レギュラー番組で彼女は、「急なんだけどさ、私、離婚することになって。離婚するのよ!」と切り出した。

「一応、理由聞きたいじゃない。待っていたらさ、『自分の子どもが欲しい』って。あっ、そうかそうか。そらそうだと思って。『何か勝手言って、俺』って。『勝手じゃないよ。自然なことだよ。当たり前じゃないの』って」

 目にうっすら涙を浮かべながらも、その後に出てくる言葉はと元夫への感謝の言葉のみだった。しかしこの離婚発表直後から、ネット上には多くのコメントが殺到。大半は「辛かったね」「次は幸せになってほしい」と貴理子を擁護し励ます声だった。ただ、A氏との結婚当時、貴理子は48歳。妊娠は難しい年齢である。そのため、「今さら子どもって……それを言ったら貴理子は黙るしかないじゃない。卑怯な男」「子どもが難しいであろうことが最初からわかっていた上で結婚したんでしょ!」とネット上はT氏への批判に溢れ、総バッシング状態となっている。

 この離婚でバツ2となった貴理子。最初の結婚は03年12月のことで自身のマネジャーだった男性と10年の交際を経て結婚しているが、09年に離婚。その後、2012年8月に24歳年下のT氏(現在の職業はバーテンダー)と再婚したのだ。T氏が貴理子にプロポーズしたのは、貴理子のレギュラー番組である『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でのことで、多くの視聴者がふたりの愛の瞬間を目撃した。そんな背景から、貴理子夫婦をまるで親戚のような目線で見守っていた人も多いのかもしれず、離婚に憤る視聴者も少なくないのであろう。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。