エンタメ

『イッテQ』みやぞん骨折、 過去に死亡者も出したバラエティ番組の危険事故

【この記事のキーワード】
『イッテQ』みやぞん骨折、 過去に死亡者も出したバラエティ番組の危険事故の画像1

みやぞんInstagramより

 日本テレビは28日、『世界の果てまでイッテQ』のロケで、お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞんが怪我を負ったことを発表した。日本テレビによると同番組は24日午後、インドでロケを行い、みやぞんは火の輪くぐりに挑戦。着地に失敗して左足首をひねり、現地の病院で応急処置を受けた。帰国後の27日、改めて診察を受けたところ、約2カ月の治療を要する骨折と診断されたという。

 日テレは事故について「現地の方の指導のもと、本来は土の上に着地しているパフォーマンスを、マットを敷くなど安全に配慮してロケを行っていたが、このような事態になったことを重ねておわびします」と説明し、謝罪。今後の番組制作については「より一層安全対策に万全を期してまいります」としている。

 世界各地でのロケをメインにして人気を博している『イッテQ』だが、タレントやスタッフの安全性は“面白さ”や“視聴率”よりも優先すべき事項。危険な企画が放送されるたびに、タレントの安全面を危惧する視聴者は多かった。

 26日放送の『イッテQ』でも、ロッチ中岡創一と宮川大輔が、イギリスの伝統行事だという“フェレット・レギング”に挑戦。履いているレギンスの中にフェレットを入れて刺激に耐えるゲームで、「痛い痛い!」「股間がボロボロ」と騒ぐ場面があった。インナーを履かず、直接陰部にフェレットの爪や歯による刺激が加わるこのゲーム、怪我の危険性やフェレットへの虐待を訴える声もある。

 今回のみやぞんの怪我を受けて、「いつも危険でハラハラしてた」「起こるべくして起こった事故」などと、番組の安全管理に対する批判が大きくなっている。

バラエティ番組収録中、過去には死亡事故も

 日テレではバラエティ番組の収録でタレントが怪我を負う事故が相次いでいる。5月23日放送の『ぐるぐるナインティナイン 2時間SP』では、ナインティナインの矢部浩之が乗馬中に落下し、馬の下敷きになるというショッキングな映像が流された。矢部は足を負傷しロケは中止されたものの、幸い大事には至らなかったという。しかし、視聴者からは「笑いごとじゃない」「放送事故レベル」などと批判が殺到していた。

 また、昨年12月にも正月番組『ウルトラマンDASH』(日本テレビ系)の収録中にTOKIOの城島茂が怪我を負っている。城島は高さ80センチほどのはしごに登って行うパフォーマンスを練習中、誤って転落。背中を打って骨にヒビが入った。幸いにして怪我は軽く、翌日には仕事復帰が報告されているが、こちらも一歩間違えれば大事故になりかねなかった。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。