社会

川崎登戸殺傷事件で凶器持ち走るアナウンサーの“現場検証”、ワイドショーの無神経がひどすぎる

【この記事のキーワード】
【完成/著者情報をお願いします!】川崎登戸殺傷事件で凶器持ち走るアナウンサーの現場検証、ワイドショーの無神経がひどすぎるの画像1

「Getty Images」より

 28日朝に神奈川県川崎市多摩区の登戸駅付近で発生した19人殺傷事件について、テレビ各局は熾烈な報道を続けている。

 29日放送の『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)では、笠井信輔アナウンサーが事件現場から生中継で、凶器となった刃渡り30センチもある包丁に見立てた棒状のものを手にレポート。警察発表では岩崎隆一容疑者が犯行から自殺に至るまで「10数秒」だったとして、笠井アナは「10数秒でその犯行が可能なのかどうか。実際に時間をはかってみたいと思います」とストップウォッチを手に走り、事件を再現した。

 『スッキリ』阿部祐二リポーターも同様に、凶行の現場を走り、ストップウォッチで時間を測定していた。

その検証がなぜ必要なのか、被害者のフラッシュバックや被害者家族、関係者への配慮はないのか。直接被害に遭っていなくともこの事件にショックを受けている視聴者も多いはずだ。

 また、事件発生直後からテレビではヘリを飛ばすなどして上空からの映像を繰り返し流したが、負傷者を懸命に救護する様子や血痕などがはっきり映されていた。事件を伝えることと、配慮せずありのままの映像を流すことは違うだろう。

 この事件で被害に遭ったのは、学校法人カリタス学園 カリタス小学校に通う児童とその保護者たちであり、スクールバスを待つわずかな時間の悲劇だった。その場には引率のため小学校教頭もいたことを、昨日開かれたカリタス小学校の会見で明かしている。会見では子供達の心のケアを最優先にする語られたが、教員にもまたケアが必要だ。そのような状況で、29日放送『グッデイ』(フジテレビ系)では、学校側の落ち度を暗に責めるような場面もあった。

 また会見では理事長が「子供達そして保護者、本当に深い心の傷を負っておりますので、できることなら子供達への直接のご取材はお控えいただければと思います」と要望。校長も「報道関係者の皆様にお願いします。これは保護者からです。子供達の写真を撮ったり、子供達にインタビューをしないでほしいという要望が出ています。これは、保護者の願いですので、どうぞ受け止めていただければありがたく思っております」と語っている。しかしこのシーンで28日放送『Nスタ』(TBS系)は音量を絞り、スタジオに切り替えた。即座に視聴者から「それはおかしい」とSNSなどで異論が相次ぎ、番組放送中にアナウンサーが謝罪するに至っている。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。