ビジネス

「カルピス」100周年の秘話を聞いてみたら、久しぶりにカルピスを薄めて飲みたくなった

【この記事のキーワード】
「カルピス」100周年の秘話を聞いてみたら、久しぶりにカルピスを薄めて飲みたくなったの画像1

「カルピス」

 ご存知、乳酸菌飲料「カルピス」が100周年を迎えた。カルピスは、アサヒ飲料株式会社が販売するロングセラーブランドである。

 1919年に発売して以降、多くの人々に愛されながら進化を遂げてきたカルピス。しかし、日本人にとって非常に親しみのある飲み物でありながら、その起源や歴史について意外と知らない方も多いのではないだろうか。

 100周年を迎えたカルピスの今までとこれからについて、アサヒ飲料マーケティング二部に所属する田中氏に話を伺った。

カルピスの起源は、内モンゴルの現地の知恵が詰まった「酸乳」

 はじめに、カルピス誕生のエピソードを教えてもらった。

「カルピスは、現在の大阪府箕面市にある教学寺の住職の長男であった、三島海雲(みしま・かいうん)という人物が生みの親です。海雲は、仏教の勉強をしているなかで大学時代に中国に渡り、その後は中国大陸から内モンゴルに移って仕事をしていました。

 現在に比べて、当時の海外渡航はより厳しい環境でしたので、海雲は体調を崩してしまっていたそうです。その際に、内モンゴルの現地人から酸っぱくて美味しい『酸乳』を勧められ、飲んでみたところ体調が回復し、現地での志を全うできたとのことでした。

 1915年に帰国した海雲は美味しくて健康的な飲みものをつくり、日本人の生活に役立ちたいという想いから、現地での経験をもとに乳酸菌や発酵研究を進めました。そして1919年7月7日、日本初の乳酸菌飲料としてカルピスを発売したのです」(田中氏)

「カルピス」100周年の秘話を聞いてみたら、久しぶりにカルピスを薄めて飲みたくなったの画像2

1919年(大正8年)、日本初の乳酸菌飲料として発売された「カルピス」

 カルピスの起源は、内モンゴルの伝統的な「酸乳」だった。体調が回復して健康になったという逸話も興味深い。カルピスは発売当初から、その“健康”面を重要視していたという。

「カルピスには4つの基本価値があります。一つ目は“美味しいこと”、二つ目は“滋養になること”、三つ目は“安心感があること”、そして4四つ目は“経済的であること”です。 “滋養になること”は、現代風に言えば“健康”ということになるでしょうが、カルピスは昔から“健康”という要素が大きなウエイトを占めていたのです。

 カルピスは乳酸菌飲料であり、乳酸菌の発酵による体にうれしいチカラが秘められています。そして、カルピスの語源がカルシウムの“カル”から来ているように、原料である牛乳由来のカルシウムも含まれています。また、唯一無二の味わいを持っているので、その美味しさを楽しむことも、疲れたときに『ホッと』する癒しにつながるのではないでしょうか」(田中氏)

 1919年、大正時代に誕生したカルピスだが、発売当初から昭和初期にかけては日本の経済状況は貧しく、飲料の種類も多くなかったそうだ。そのなかで、カルピスは高価な飲み物でありながらも浸透し、国民的飲料となっていったわけだ。しかし、カルピスにも苦戦を強いられた時期があったという。

「1980年代になりますと、自動販売機やコンビニエンスストアの展開の拡大に伴って、RTD(レディ・トゥ・ドリンク/購入後そのまま飲める缶やペットボトル入り飲料)商品の市場が拡大していきました。それまでは基本的に家庭内で飲むものだった飲料が、出先で購入してその場で楽しめるものへと変化していったのです。カルピスは当時、まだ希釈用のみの販売で家庭内で飲むことを前提としていたため、苦戦を強いられていたのです」(田中氏)

カルピスウォーターと希釈用カルピス、大きな違いとは?

 そんな危機的状況を救ったのが、カルピスのRTD商品「カルピスウォーター」だったという。

「1991年、缶入りのカルピスウォーターを発売しましたが、それが年間2000万ケースを超える大ヒットとなったことで、業績も大きく上向いたのです」(田中氏)

「カルピス」100周年の秘話を聞いてみたら、久しぶりにカルピスを薄めて飲みたくなったの画像3

1991年に登場した「カルピスウォーター」

 カルピスウォーターの発売当時の宣伝文句は「遅くなってごめん」だったという。たしかに、1980年代前半にRTD商品が世間に広まりだしたことを考えると、1991年に登場したカルピスウォーターは出遅れた感も否めない。しかし、ユーモアに富んだキャッチコピーからは、“満を持しての発売”というニュアンスも感じ取れる。

 カルピスブランド最大の危機を救ったカルピスウォーターは、現在ではスーパーや自動販売機でお馴染みの飲料となったが、気になるのは希釈用カルピスとの違いだ。

「誤解されている方も多いかもしれませんが、カルピスウォーターは、希釈用のカルピスをそのまま水で薄めて缶やペットボトルに入れたものではありません。水で薄めたものをそのまま入れると、水とカルピスに分かれてしまうからです。分離せずに、希釈用のカルピスを水で薄めた時の爽やかな美味しさを再現するための技術が開発され、工夫が凝らされているのです」(田中氏)

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。