ライフ

ワーキングマザーの時間割、「キラキラ」より「ダラダラ」したい!

【この記事のキーワード】
ワーキングマザーの時間割、「キラキラ」より「ダラダラ」したい!の画像1

「Getty Images」より

 働く母親、ワーキングマザーは常に忙しいものとされている。実際、「仕事しながら育児も家事もほぼ一人でこなす」といった、多忙な生活を送るワーママは多くいるのだろう。先日、Twitterであるワーキングマザーの投稿が話題になった。

 某有名女性誌に<ワーママのタイムスケジュール>を依頼されたという投稿者。しかし、提出したタイムスケジュールは<書き直しを言い渡された>という。投稿者を「輝くワーママ」として紹介したいらしい女性誌は、タイムスケジュールに<カフェでランチ><帰りにちょこっとヨガ>などの<キラキラ系>を組み込み、夕食もプロが盛りつけた画像で紹介したいと求めてきたそうだ。投稿者は掲載を断ったという。

 女性向けのメディアではしばしば、<ワーママのタイムスケジュール>を取り上げる。それらは「キラキラ」を通り越して「過酷」に見えることも少なくない。

 たとえば、「Domani」(小学館)の連載「女の時間割」は、基本的にいつも「ありえない!(笑)」という感想を持ってしまう。発売中の2019年6月号では、某外資系企業でコンシューマー&ビジネスマーケティング総括本部部長を務める42歳のワーキングマザーの<とある月曜日>と<とある土曜日>が紹介されている。

 <とある月曜日>は、4時に起床して家事、5時からSkypeで英会話レッスン、5時半には夕食の支度とお弁当作り。6時に子どもたちが起床し朝食を食べさせ、7時半に次女と家を出て、9時出社、17時半退社となっている。19時半に家族で夕食、20時半に子どもたちと読書、21時半にメールチェックや翌日の食事準備や入浴、24時就寝。前日の就寝時間や翌日の起床時間は不明だが、4時起床・24時就寝とは驚愕だ。

 <とある土曜日>は、6時起床、7時Skype英会話レッスン、8時に車で1週間分の食材買い出し、9時に帰宅・メールチェック、11時に家族で公園などへ出かけ、15時に夫とテニスのプライベートレッスン、18時に帰宅・入浴。19時には長女のテニス仲間2~3家族で夕食。21時半に帰宅して、22時に子どもたちと読書、24時就寝。自分の時間、家族で過ごす時間、夫婦で過ごす時間、子どもの友達家族と過ごす時間、子どもと過ごす時間を、1日の中でしっかり確保しているのは見事で、「キラキラ」「充実」している。とはいえ、休日であっても6時起床・24時就寝とは……その体力に脱帽だ。

1 2 3 4 5 6

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。