原田龍二「車中不倫」で番組出演キャンセルや差し替え 視聴者は許容?

【この記事のキーワード】

男性芸能人の不倫は“文化”“本能”で許される?

 一方、男性芸能人の場合、不倫が発覚しても通常通りの活動を続けられることが多い。たとえば、ベッキーとの不倫が発覚した川谷絵音は、世間から大いにバッシングを受けたもののミュージシャンということもあり、新曲をリリースし続けている。また不倫騒動で知名度を上げたことにより、テレビ出演も盛んになった。

 2017年に元クラブホステスの女性との不倫が報道された渡辺謙も、順調な活躍ぶりだ。その他、2017年に“アパ不倫騒動”を起こした袴田吉彦は、不倫の件をネタにしドラマに出演。“面白い”とファンも増えている印象だ。宮迫博之、千原せいじ、浜田雅功など、不倫報道がでた男性お笑い芸人は数えきれない。

 女性芸能人でも、斉藤由貴のように不倫発覚後も以前のような活動を続ける人はいる。しかし全体をみると、やはり男性の不倫よりも女性の不倫のほうが「とんでもない」と批判される傾向は根強いようだ。

 さて、複数のファンとの「車中不倫」が発覚した原田龍二。ファンを食い物にしたうえ、相手女性に対しての雑な言動に「最低」「気持ち悪い」といった否定的な声も出ている一方、「ネタにして欲しい」「袴田吉彦とコンビを組んで欲しい」など、笑いに変えようとする意見も少なくない。原田龍二の今後の仕事がどうなるのかは、“視聴者の声”にかかっているのかもしれない。

1 2 3

「原田龍二「車中不倫」で番組出演キャンセルや差し替え 視聴者は許容?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。