社会

YouTuberが川崎登戸殺傷事件をネタに動画を配信 「巻き込まれた人は運が悪かった」と嘲笑

【この記事のキーワード】
【完成】YouTuberが川崎登戸殺傷事件をネタに動画を配信 「巻き込まれた人は運が悪かった」と嘲笑の画像1

しんやっちょTwitterより

 今月28日、川崎市・登戸駅周辺で大量殺傷事件が発生し二人の方が亡くなったが、その同日中にYouTuberの「しんやっちょ」と「金バエ」が現場から動画を生配信していたことが、物議を醸している。

 「しんやっちょ」は自身のYouTubeチャンネル「しんやっちゅーぶ」に「川崎で小学生や大人が刺された襲撃事件 確保の男は刺した包丁で自害」というタイトルの動画をアップ。サムネイルは「金バエ」が「しんやっちょ」を刺すふりをしているものであった。

「巻き込まれた人は運が悪かった」と笑う

 サムネイルだけでも不謹慎極まりないが、動画での「しんやっちょ」と「金バエ」の会話はさらに酷いものだった。

 「金バエ」は<(犯人は)子どもを襲ってる時点で強くない。本来ならね、幸せそうなカップルを殺すと思うの><要するに、肉体も弱いし社会的地位もない。精神的にも弱い>と犯人像を分析。なお、「金バエ」は犯罪心理学者などではない。

 これに対し「しんやっちょ」は<大人のね、20代、30代では負けるかも知れんから。老害か子どもしか狙ってない><巻き込まれた人は運が悪かった>と笑いながら返した。

 その後、二人は事件現場から動画の生配信を始める。視聴者から炎上を心配する声が上がると、<言うても、マスコミだからって被害者にとっては関係ないからね。フリージャーナリストかメディアかの違いだから。怒られる筋合いはないからね。一緒だよ。俺たちは生放送で配信する>と発言。フリージャーナリストのつもりなのだろうか。また、彼らは偶然通りかかった子どもに対して<ここで何あったか知ってる? 怖かった?>などと質問していた。

 事件被害者や遺族、関係者の尊厳を踏みにじるようなこの動画に対して、5月31日現在、4538件のBADが付いており、597件あるコメントのほとんどが、事件をネタにして笑う二人を批判するものだ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。