エンタメ

米津玄師がプライベート暴露に絶望 「すごく孤独な気持ちになる」と告白

【この記事のキーワード】
米津玄師がプライベート暴露に絶望 「すごく孤独な気持ちになる」と告白の画像1

「ROCKIN’ON JAPAN」(ロッキング・オン)2019年7月号

 菅田将暉の楽曲「まちがいさがし」のプロデュース、アニメ映画『海獣の子供』へ主題歌「海の幽霊」の提供など、精力的な活動が続いている米津玄師。

 そんな米津玄師が「Lemon」の記録的な大ヒット、『第69回NHK紅白歌合戦』などを通して国民的なスターへと祭り上げられたことに<すごく孤独な気持ちになるんですよね>と語っている。

 この発言は米津玄師が表紙巻頭を飾る「ROCKIN’ON JAPAN」(ロッキング・オン)2019年7月号のインタビューでのもの。

 詳しくは後述するが、「Lemon」のヒット以降、米津玄師は何度も何度も週刊誌によりプライバシーを暴かれる被害に遭ってきた。そして、そういった記事を喜々として消費したのは、彼に対して悪意をもっている人だけではなかったことに、米津は絶望したのだという。

<俺のことを好きな人までもが、それを結構喜んでたりするんですよね。それがいかに俺の個人的なリソースを圧迫しているかどうかというところまで考えが及んでいない。それが理解できない>

事務所社長との交際疑惑

 彼のプライベートを暴く記事の始まりは、昨年11月29日発売「女性自身」(光文社)と言えるだろう。

 記事は、深夜に米津が20代の女性と都内のカフェレストランに3時間ほど滞在していたことを写真付きで報じたうえ、それとは別に、所属事務所社長の女性との疑惑を書き立てた。

 この女性は、楽曲製作に没頭するため引きこもりがちな米津の生活をサポートするため、米津の自宅マンションに深夜まで滞在することがあるという。このことから、米津との“同居”を疑う記事を出したのだ。

週刊誌記者が米津玄師の実家をゲリラ訪問

 翌年1月10日発売の「週刊文春」(文藝春秋)も同じような記事を掲載。同誌では、所属事務所社長の女性が私生活のパートナーだった過去があり、半同棲状態だったこともあると報じていた。

 さらに「週刊文春」の記事はこれで終わりではなかった。なんと、正月明け早々、「文春」記者が米津の実家をゲリラ訪問しているのだ。1月6日に記者が出向き、『紅白歌合戦』の感想を聞いている。

 記者による<紅白はどうでした?>との質問に対し、父親が<私、紅白、見てないんで。関心がないんで!>と会話を切ろうとする一方、母親は<いえいえ、そんなことはないんですけど。私たち両親は温かく遠くから見守っていくだけです>と場をおさめようとしながら、<取材はお断りしてくださいということなので、すみません>と、丁寧に拒否。事務所から取材は止められていることを理由に、それ以上の回答を控えた一部始終が、同誌には掲載されている。

 米津本人への取材であれば、100歩譲って許される場面もあるかもしれないが、実家にまで押し入ってプライバシーを蹂躙するような取材に、実りはあるのだろうか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。