社会

川崎殺傷事件で松本人志が暴発、「不良品同士でやりあってほしい」の“真意”とは?

【この記事のキーワード】
【完成】川崎殺傷事件で松本人志が暴発、「不良品同士でやりあってほしい」の真意とは?の画像1

『ワイドナショー』(フジテレビ)番組ホームページより

 6月2日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本人志の発した言葉が物議をかもしている。川崎の殺傷事件について扱った流れのなかで松本人志はこのように発言した。

<僕は人間が生まれてくるなかでどうしても不良品っていうのは何万個に一個(ある)。これは絶対に僕はしょうがないと思うんですよね。それを何十万個、何百万個にひとつぐらいに減らすことはできるのかなっていう、みんなの努力で。まあ、正直、こういう人たちはいますから絶対数、もうその人たち同士でやりあってほしいっすけどね>

 この乱暴な意見に、ネット上では批判が殺到。すると松本人志は「ひきこもりが不良品と言ったのではなく、凶悪犯罪者は人として不良品と言った」と弁明するツイートを投稿。

 しかし“凶悪犯罪者は人として不良品”という意図であるとしても、上記発言の乱暴さは一向に変わらない。「残虐な事件を起こす人間は、生まれたときからすでに罪を犯すと決まっている」とでも言わんばかりの、優生思想に直結する度し難い言葉だからだ。

 収録放送であるにもかかわらず、この発言をそのまま流した『ワイドナショー』のスタッフは、そのことに気づいていないのだろうか。いや、『ワイドナショー』ばかりではない。松本人志ほど直接的な暴言でなくとも、テレビをはじめとしたマスメディアでは「死ぬのならばひとりで死ね」といった趣旨の発言が横行している。

ワイドショーは「死ぬなら一人で死ね」の大合唱

 たとえば、安藤優子氏は<1人で自分の命を絶てば済むことじゃないですか>と発言。また、立川志らくも<1人で死んでくれよって>と、暴言を躊躇わない。

 殺傷事件の犯人が許しがたい罪を犯したことは間違いないが、犯人に近い属性の人々を十把一絡げに扱うような報道の中で、このような暴論を公共の電波を通じて流布することが、何をもたらすのか。

 6月1日付朝日新聞で、精神科医の片田珠美氏は<別の自殺や事件の引き金となる危険性がある><『自分を見放す社会が腹立たしい。最後に一矢報いてやろう』と考え、拡大自殺を引き起こす恐れがある>と警鐘を鳴らしている。

太田光の告白「自分も死を考えたことがある」

 なぜ、他の人を巻き添えにする行為はもとより、その人自身の自殺を食い止めるためにはどうすればいいかというところに話が向かわないのか。それどころか、「死ぬなら一人で死ね」という暴言がなんの違和感もなく垂れ流され、終いには優生思想そのものの発言まで飛び出した。

 「死ぬなら一人で死ね」などという感情論は、多かれ少なかれこの社会に絶望している人々を追い詰める言葉でしかない。それはメディアで不特定多数の人に届けるべきメッセージなのだろうか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。