ライフ

爆毛・うねり・広がり髪を一発で解決! 髪ストレスが一気に減る4つのテクニック

【この記事のキーワード】
【完成】爆毛・うねり・広がり髪を一発で解決! 髪ストレスが一気に減る4つのテクニックの画像1

「Getty Images」より

 梅雨時期から夏にかけては、ヘアスタイルが最もキマらないシーズン。広がる、うねる、ペタンとするなど、ダウンスタイルで過ごすのにストレスを感じる人は多いようです。

 「髪がきまらなくて気分が上がらない……」こんなイライラは、ちょっとしたコツで上手に乗り切れます。今回は、「湿気と髪の関係」とその対処法を紹介します。

 私の悩みのひとつは“メドゥーサ髪”。ご存知のとおり、「メドゥーサ」はギリシア神話に登場する怪物。自慢の髪を、クネクネ・ウネウネの蛇に変えられしまった恐ろしい容貌です。

 私は毎年、梅雨時期に入ると、そんなメドゥーサのような“暴れる蛇たち”となった爆毛をヘアゴムで縛り上げ、どうにか抑え込んでいました。ところが、下ろした前髪は昼前にグルグルとうねり出し、メドゥーサから一転、「まるでアニー」のように。

 この現象は、健康的な髪の毛よりも毛が細い、薄い、ダメージ、加齢などによって起こります。健康な髪だと、通常はキューティクルがしっかり整っており、髪内部の水分が保たれていますから、湿気などが入り込む隙間はありません。しかし、ダメージ毛の場合、水分が保たれていない上に、乱れたキューティクルの隙間から外気の水分が入り込み、髪が膨張します。すると、髪が広がったり、うねったりして暴れ出すのです。反対にペタッとする人は、髪が水分の重みに耐えられず、萎えてしまった状態です。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。