エンタメ

前田敦子「パニックになりやすい」性格明かす、勝地涼への路上激昂事件も

【この記事のキーワード】
【完成】前田敦子「パニックになりやすい」性格を吐露で、勝地涼に路上激昂事件も納得の画像1

前田敦子インスタグラムより

 前田敦子が今月5日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演し、「すぐパニックになる性格」であることを明かした。

 番組のなかで前田は、子育ての悩みについて専門家たちに相談。彼女は昨年、俳優の勝地涼と結婚し、今年の3月に第1子を出産。子どもは現在3カ月だが、夜泣きもせず非常に大人しいという。

 しかし前田の悩みは「私のようにいつか爆発する子にならないか心配」だという。なんでも彼女は「すぐにパニックになる性格」だといい、何か気になることがあると、それについて考えることが止まらなくなってしまうという。また、家のなかで探し物が見つからないとパニックになり、見つかるまで探さないと安心できないそうだ。

AKB時代から“気性が荒い”イメージがつきまとう前田敦子

 前田敦子にはAKB48時代から“気性が荒い”あるいは“気難しい”というイメージがつきまとった。2011年に出演した『情熱大陸』(TBS系)では、番組スタッフからの質問をされても黙り込んでしまったり、ドラマの収録現場では『情熱大陸』のカメラが目障りだとして追い払うといった場面が放送された。AKB48のコンサート中に過呼吸を起こし、担架で運ばれたり、ステージから途中退場したりすることが何度かあったことも、そのイメージを強くした。

 激しい部分を持つ前田だが、中でも強烈なエピソードは「合コン号泣報道」だった。2012年9月に「週刊文春」(文藝春秋)が、前田敦子が同じくAKB48メンバーであった大島優子らと合コンに参加し泥酔、俳優・佐藤健にお姫様抱っこをされながら帰宅する様子をスクープした。大島らが帰宅するように促すもなかなか言うことを聞かず、最終的に佐藤に抱きかかえられながらタクシーに乗って帰ったという。家についても前田は号泣しており、ワンピースの肩ヒモはズリ落ちてスカートもはだけた状態だった。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。