連載

DV加害者の特徴や傾向は一括りにできない…束縛や不機嫌な態度に潜む“暴力性”とは?

【この記事のキーワード】
【完成】「男らしさ」とDVの関係を探る 束縛や不機嫌な態度でパートナーを縛ることの暴力性の画像1

先生、よろしくお願いします!

 男性性にまつわる研究をされている様々な先生に教えを乞いながら、我々男性の課題や問題点について自己省察を交えて考えていく当連載。5人目の先生としてお招きしたのは、ドメスティック・バイオレンスの問題にジェンダーの視点から取り組み、『ドメスティック・バイオレンスと家族の病理』(作品社)などの著書もある立命館大学教授の中村正さんです。

 ドメスティック・バイオレンス(DV)と聞くと、殴ったり蹴ったりという直接的な暴力を思い浮かべる人が多いかもしれません。そしてそれは、主に夫婦間で起こる夫から妻への暴力……というイメージが一般的です。しかし、中村先生の著書などを読むと、DVとはもっと広い意味の概念であることがわかります。近しい関係性の中でなぜ暴力が発生してしまうのか。なぜ加害者には圧倒的に男性のほうが多いのか。暴力と男性性の問題について、中村先生にお話を伺いました。

【完成】「男らしさ」とDVの関係を探る 束縛や不機嫌な態度でパートナーを縛ることの暴力性の画像2

中村正(なかむら・ただし)
1958年生まれ。立命館大学教授。臨床社会学の視点から家族病理や社会病理の問題を研究。家庭内暴力の男性加害者へのサポート行う「男親塾」「メンズサポートルーム」を立ち上げるなど、日本における「加害者問題」の研究・対策に取り組んでいる。著書に『ドメスティック・バイオレンスと家族の病理』(作品社)、『治療的司法の実践』(第一法規)などがある。

「DV男はこんな奴」と類型化することは出来ない

清田代表(以下、清田) DVは直接的な暴力だけでなく、もっと広い意味の概念ですよね。

中村正(以下、中村) DVをめぐる議論では、暴力を「身体的暴力」「心理的暴力」「感情的暴力」「言語的暴力」に類型化することがありますが、議論や研究が積み上がる中で、暴力の範囲は徐々に拡大されてきました。

 例えば近年では、DVが子どもの前で行われた場合、それを「面前DV」と呼んで虐待の一種と位置づけるようになったし、保護すべき責任ある人が必要なケアをしない「ネグレクト」も暴力とみなされます。ごくシンプルに言えば、DVとは「距離の近い関係性の中で起こる暴力」のことを指します。

清田 交際中のカップル間で起こる「デートDV」というものもありますよね。これまで桃山商事で聞いてきた恋愛相談の中にも、DVやデートDVの気配が漂うエピソードが少なくありませんでした。

 機嫌が悪くなると壁を殴って妻を脅す夫。口論になると軽度の自傷行為(頭に爪を刺すなど)を見せつけてくる彼氏。高校生である恋人の学校に乗り込み、「こいつが男としゃべってるのを見たら連絡ください」と自分の携帯番号を教師に渡した年上彼氏。長時間にわたる性行為(ときには24時間以上も)を強要してきた夫──。

 などなど、直接的な殴る蹴るの話は少ないものの、束縛や不機嫌な態度によって相手を萎縮させ、縛りつけようとする男性の話をこれまで数多く耳にしました。

中村 「殴る夫」や「殴る彼氏」だけがDV加害者じゃないんですよね。暴行はもちろんのこと、過剰な束縛や性の強要、避妊の拒否、暴言、無視、侮辱、自尊心を打ち砕く、自由を奪う、相手を孤立させる、責任の転嫁や放棄、監視、ストーキング、セカンドレイプ、マインドコントロール、プライバシーの暴露……などもれっきとした暴力であり、そこには多様な形があります。

清田 僕は恋人や妻を殴ったことはないので、これまでDVの問題を当事者意識をもって考えたことは正直ありませんでした。しかし、そのように暴力の概念を幅広く捉えてみると、「もしかしたら自分も無自覚になんらかの暴力行為をしたことがあるんじゃないか……」とゾッとしてきます。

 エピソードに出てきた夫や彼氏たちは必ずしも横暴なタイプというわけではなく、普段は優しかったり真面目だったりという人も少なくありませんでした。また年齢も職業も様々で、「DVをするのはこんなタイプ」と類型化することはできません。つまり裏を返せば、これは多くの男性に関係のある問題なのではないか……と。

中村 もちろんすべての男性が加害行為をするわけではありません。女性の加害者だっているし、同性同士の恋愛関係などでもDVは起こり得ます。距離が近く、相互に希求し合っていて、優劣のある非対称的な関係の中で起こることが多いものなので。とはいえ、そこで生じる暴力にはジェンダー規範が色濃く反映されており、ほとんどのケースで加害者は男性です。それゆえ、実際に暴力を振るう/振るわないにかかわらず、その根底にある“男性性(=男らしさ)”の問題を考えることは、すべての男性にとって意味のあることではないかと考えています。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。