社会

尼崎高等学校バレー部の体罰はどうして保護者から許されたのか

【この記事のキーワード】
尼崎高等学校バレー部の体罰はどうして保護者から許されたのかの画像1

「Getty Images」より

 今年4月から5月にかけて、尼崎市立尼崎高等学校(兵庫県)の男子バレーボール部や軟式野球部で、コーチを務める臨時講師が部員に体罰を加えていたことが発覚した。いずれも「強豪」で知られる部だ。

 バレー部では、体罰を受けた部員の鼓膜が損傷して一時意識を失うという甚大な被害があったにもかかわらず、学校は当初「けがはない」と発表していた。また、臨時講師は部員を「サイコパス」呼ばわりしていたという。さらに、市教委の調査では同部の監督が過去に部員の髪を引っ張る体罰を行っていたことも公表された。異常な実態が明るみになったにも関わらず、神戸新聞によると保護者の中には「監督の早期復帰、従来の体制継続」を望む声や、「厳しい指導がなくなるのを懸念する」声もあるという。

 そもそも、学校教育法で教員による児童生徒への体罰は禁止されており、暴行は犯罪にあたる可能性もある。また、暴力を伴う教育は子どもの脳に好ましい影響を与えないことも複数の研究から明らかになっている。

 体罰が表沙汰になれば、当然のごとく学校は批判され評判も落ちる。にもかかわらず、一部の学校では未だに体罰が行われ、保護者や生徒自身も容認するケースもある。なぜ学校では体罰が認められてしまうのか、教育学者で名古屋大学准教授の内田良氏に話を伺った。

尼崎高等学校バレー部の体罰はどうして保護者から許されたのかの画像2

内田 良/名古屋大学大学院教育発達科学研究科・准教授。博士(教育学)
専門は教育社会学。学校のなかで子どもや教師が出遭うさまざまなリスクについて,調査研究ならびに啓発活動をおこなっている。 著書に『学校ハラスメント』(朝日新書),『ブラック部活動』(東洋館出版社),『教育という病』(光文社新書),『教師のブラック残業』(学陽書房,共編著)など。ヤフーオーサーアワード2015受賞。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。