社会

「#Kutoo」パンプス強制問題、男性のスーツやネクタイだって多様でいいはずだ

【この記事のキーワード】

 職場でハイヒールやパンプスの着用を強制されることに異議を唱える運動「#Kutoo」(「靴」「苦痛」「#Metoo」を掛け合わせたネーミング)が、SNS上で拡散し、広まっている。

 「#Kutoo」運動の発起人は、葬儀場でアルバイトをしている石川優実さんだ。石川さんはWezzyにおいてもジェンダー不平等の改善を目指す記事を複数寄稿してくれている。

 葬儀場という職場では、就業ルールとして5~7cmほどのパンプスを履いて業務することを求められたという。しかし高いヒールで足を痛め、このルールに強い違和感を抱いた石川さんは、Twitterで以下のように呟いた。

<いつか女性が仕事でヒールやパンプスを履かなきゃいけないという風習をなくしたい>
<パンプスで足がもうダメ>
<なんで足怪我しながら仕事しなきゃいけないんだろう>

 この訴えは共感を呼び、SNS上では「#Kutoo」のハッシュタグをつけて拡散された。これを受け、石川さんは、署名サイト「Change.org」上で、<職場でのヒール・パンプスの強制をなくしたい!>と訴える署名活動をスタート。職場でヒールやパンプスを強制され、靴擦れや外反母趾、腰痛などの体調不良に陥った経験を持つ人、そしてその痛みに理解を示す人は非常に多く、2万5000筆を越える署名が集まっている(7日時点)。

 3日には、約1万8800人分の署名を厚生労働省に提出し、ハイヒールやパンプスの強制を禁止するように通達することを求めた。

 そして5日、衆院厚生労働委員会で話し合いが持たれ、立憲民主党の尾辻かな子議員は、ハイヒールやパンプスの着用によって健康被害があることを指摘。そのうえで、“慣習”としてパンプスやハイヒールの着用を強制している職場が多くあることについて、根本匠厚労相に「義務づけは必要かどうか」と尋ねた。

 根本匠厚労相は、以下のように答弁している。

「女性にハイヒール・パンプスの着用を指示する、義務づける。これは、社会通念に照らして業務上必要かつ相当な範囲かと。この辺なんだろうと思います。それぞれの業務の特性がありますから」

「社会通念に照らして、業務上必要かどうかということ。要は、社会慣習に関わることではないかなと思います」

「社会通念に照らして、業務上必要かつ相当な範囲を越えているかどうか、これがポイントだと思います」

 根本厚労相が何度も繰り返した「社会通念」とは、社会が不文律として共有してきた慣習やマナーのことを指しているのだろう。

 たとえば、冠婚葬祭に関わる仕事や、ホテルマン、客室乗務員など特定の接客業に従事する人は、キチンとした身なりをしていることが望ましい。だからこそ、ハイヒールやパンプスを履くことが“あるべき”姿とされる。

 しかし、健康を損なってまで、ハイヒールやパンプスを履く「マナー」が、なぜ“あるべき”なのか。

 今、社会通念そのものを疑うことが求められている。健康を損なってでも慣習やマナーを遵守する社会通念こそが、問題なのではないだろうか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。