エンタメ

福山雅治の過激ファンがドラマ撮影現場で暴走、過去にはストーカー侵入被害も

【この記事のキーワード】
福山雅治の過激ファンがドラマ撮影現場で暴走、過去にはストーカー侵入被害もの画像1

福山雅治Instagramより

 福山雅治が、一部ファンによるマナー違反について、公式サイトで注意喚起した。福山雅治の公式サイトによれば、<最近、撮影現場にて一部ファンの方によるマナー違反が見受けられ、撮影に支障がでております>とのことだが、それ以外にも以下の迷惑行為が相次いでいるようだ。

・無許可の写真撮影、動画撮影、録音行為
・番組観覧やエキストラに当選していないにもかかわらず、無断で現場に滞在
・事務所付近や最寄り駅、ロケ先等、公共の場での出待ち・入り待ち・追っかけ・待ち伏せ等

 公共の場での暴走については、<一般の方へのご迷惑になってしまうとともに、予期せぬトラブルや怪我に繋がる危険があるため、絶対にお止めください>としている。

 福山雅治は、数年前にもファンの暴走による受難があった。2015年9月に福山は女優の吹石一恵との結婚を発表したが、その翌年に熱狂的なファンが自宅に入り込み逮捕されるという恐ろしい事件が発生したのだ。

 2016年5月、結婚間もない福山と吹石が住む高級マンションにコンシェルジュとして出入りする女が、会社で管理する合鍵で自宅に侵入。女は帰宅した吹石と鉢合わせて逃走したが、逮捕されている。吹石の恐怖はいかほどだっただろうか。

 逮捕された女は福山の数年来の大ファンであり、エキストラとして撮影に参加したり、テレビ局などで出待ちを行ったりしたこともあったという。事件の数年前には、福山の自宅マンションの目と鼻の先の物件に引っ越し、コンシェルジュに転職。ファンというよりは筋金入りのストーカーだった。自宅に侵入した理由については、「衝動的に福山さんのギターを見たい気持ちが高まった」などと供述していたという。福山は女のストーカー行為に対して「きちんと懲役刑を受けてほしい」と厳罰を求めたそうだが、女には懲役1年、執行猶予3年の判決が言い渡された。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。