エンタメ

窪田正孝の言動が波紋「好感度下がった」、水川あさみとの交際も影響?

【この記事のキーワード】

窪田正孝の近藤春菜への悪態

 窪田正孝は今月7日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にVTR出演。同番組のレギュラー出演である近藤春菜とは、プライベートでも仲が良いといい、最近あったエピソードを披露した。

 窪田によると、近藤は髪の毛の襟足だけをプロレスラーのように伸ばしていた時期があり、窪田はずっと「変だよ」「絶対切ったほうがいい」と言い続けたという。スタジオの近藤は「ウルフカットにしたくて伸ばしていた」と説明したが、会うたびに窪田から「変だ」としつこく指摘しれるうえ“ジャンボ”というあだ名までつけられたため、泣く泣く襟足を切ったそうだ。

 窪田は冗談のつもりで“ジャンボ”とあだ名したのかもしれないが、その悪態ぶりは役者としての透明感とは裏腹。しかし窪田は、同じように近藤春菜を「イジる」ことでお馴染みの水川あさみとの交際・同棲を2017年12月に報じられている。恋人ぐるみで近藤と仲良くしているのだろうが、水川の近藤への「イジり」も際どく、いじめと紙一重だ。

 それは水川が昨年12月、インスタグラムに投稿した写真。永野芽郁とのツーショット写真を投稿し<こないだ芽郁ちゃんと。この写真おんなじ髪型でおんなじ表情でおかしい 春菜もいたけど、春菜はいいや。>とコメントをつけていた。写真の右端には赤い服を着た人影が写っており、この場に近藤春菜もいたことがうかがえる。

 その翌日、永野は水川の写真と同じシチュエーションの一枚をインスタグラムに投稿。そちらには近藤がしっかりと映っており、水川あさみが意図的に春菜の姿をカットした写真をアップしたことが判明したため、水川のインスタのコメント欄は炎上した。

 窪田正孝は2020年放送の朝ドラの主演が決まるなど、役者として大きな飛躍を遂げている。バラエティ番組への出演は多くはないが、そこでの言動が大きな影響力を持つことを自覚したほうがいいだろう。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。