社会

「ViVi」の自民党コラボ企画が炎上、ViVi girlのコメントが自民党の理念と真逆の皮肉な構図

【この記事のキーワード】
【完成】「ViVi」の自民党コラボ企画が炎上、ViVi girlのコメントが自民党の理念と真逆の皮肉な構図の画像1

「ViVi」(講談社)公式サイトより

 自民党と女性ファッション誌「ViVi」(講談社)のコラボキャンペーンに対しネット上で批判が殺到している。

 10日夜、「ViVi」は公式ツイッターアカウントを通じて、<みんなはどんな世の中にしたい?自分の想いを #自民党2019 #メッセージTシャツプレゼント のハッシュタグ2つをつけてツイートすると、メッセージTシャツがもらえるよ!>と投稿。「ViVi」および「ViVi girl」と呼ばれる専属モデルと自民党のコラボキャンペーンの告知を行った。

 これがツイートされるやいなや、<自民党のおじさんは女性差別が大好きで、嫌韓ばかりだけど、VIVIのみんなは仲良くできるの?><ファッション雑誌からファッショ雑誌になったんですか?><vivi世代を自民党に取り込みたいんだろうけどTシャツより年金欲しいですよね>といったリプライが大量についた。11日13時の時点で1500以上のコメントがつく事態となっている。

 これはクリエイターとのコラボによって若者世代に向かってアピールすることを目的とした「#自民党2019」というプロジェクトの一環で行われたもの。「#自民党2019」に関連するものとしては今年5月にも、『ファイナルファンタジー』のキャラクターデザインで知られる天野喜孝氏によるイラストが発表されている。

 このイラストではスマートでハンサムな野武士が描かれているのだが、そこには「第二十一代・第二十五代 自由民主党総裁 安倍晋三」とのクレジットが。美化しすぎた首相像に反発と失笑が相次いでいた。

ViVi girlのメッセージと自民党の理念が真逆

 「#自民党2019」とコラボした「ViVi」だが、キャンペーンを通じて「ViVi girl」たちが発しているメッセージは、至極真っ当だ。

 今回のキャンペーンでプレゼントされるTシャツには「ViVi girl」が考えたスローガンと自民党のシンボルマークがプリントされている。スローガンは「Open Hearts」「Open Mind」「Face Your Fears」など英語で書かれているもので、それらのフレーズは「ViVi girl」が考えたものだという。

 「ViVi」のサイトや各モデルのインスタグラムでは、それらの言葉を考えた理由が書かれているのだが、そこには「ダイバーシティ」「他人の価値観をお互い尊重し合う」といった発想が連なっていた。

 「Diversity」をキャッチフレーズに選んだ山田ひかるは<グローバル化のおかげで、いろんな文化を知ることができるようになった反面、差別は一向になくならない。差別するのではなく、他の文化を認めて、いろんな文化が共存できるようにしたいです>と書いている。

 似た考えで言葉を選んだ人は多い。「Look At The Bigger Picture」を考えたJONAは<ネット社会で情報もたくさん入ってくるし、海外との関わりも増えていくと思うから、凝り固まっていたら疲れちゃうだけ。もっと視野を広げて、日本人が世界で活躍していけるような社会にしたいです>と説明。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。