ライフ

ガストの「おひとりさま席」で極楽自宅気分を満喫! 忖度ナシの体験ルポ

【この記事のキーワード】
ガストの「おひとりさま席」で極楽自宅気分を満喫! 忖度ナシの体験ルポの画像1

「ガスト明大前店」の“おひとりさま席”(筆者撮影/以下同)

 その名が示すとおり、従来は家族連れに利用されることがメインだったファミリーレストラン。だがその客層はもちろんファミリーに限定されない。人との待ち合わせなど、予定までの隙間時間を埋めたり、あるいはノートPCを持ち込んで仕事をしたりといった“おひとりさま”の利用も増えている。

 そんな需要、「ガスト」は捉えていた。すかいらーくホールディングスが運営する「ガスト」では近年、首都圏や長野、大阪の一部店舗でひとり客用のボックス席、通称“おひとりさま席”を導入している。スマートフォンを利用してくつろいだり、仕事の作業場として利用したりする一人客が増えていることがその理由だ。

 “おひとりさま席”がない店舗では、一人客であっても2名用以上の大きなテーブルに案内されるため、一人で占有するのに後ろめたさを感じる人もいるだろう。“おひとりさま席”として区切られた空間は、単身利用者にとって気楽でありがたい。

 そこで気になるガストの“おひとりさま席”を、筆者(20代女性)が体験。忖度ナシのレポートをしていきたい。

たった2席の“おひとりさま席”を運よく確保

 ガスト公式サイトの店舗検索では今のところ、“おひとりさま席”の導入店舗だけを絞り込むことはできない。そこで利用者の口コミ情報などからまとめたところ、都内では赤坂見附店、東池袋店、三田慶應大学前店、吉祥寺店、明大前店、新橋店、幡ヶ谷店、亀有駅北口店、麻布十番店の9店舗に“おひとりさま席”が存在しているようだ(2019年5月現在)。

 筆者は、京王線の明大前駅から徒歩1分の線路沿いにある明大前店(世田谷区松原)を訪問してみた。入店し、入り口から店舗内を見渡してみても、それらしき席は見当たらなかったが、店員に「ボックスの一人席ありますか?」と尋ねると“おひとりさま席”に案内してくれたので一安心。どうやら、入り口からは死角となっていたようだ。

ガストの「おひとりさま席」で極楽自宅気分を満喫! 忖度ナシの体験ルポの画像2

テーブルセットもすっきり配置されており、“おひとりさま用”でも意外と広々!

 明大前店では通路沿いに2席の“おひとりさま席”を確認することができた。筆者は平日の16時頃というアイドルタイムに来店したからか、運よく片方の席が空いていたのですんなり案内してもらえたものの、店舗全体で約80席あるのに対し、たった2席だけというのは少なすぎる印象。まだ実験段階だからだろうか?

 ちなみにもう一方の席では、ノマドワーカーと思われる30代くらいの男性がノートPCを広げ、ドリンクバーを利用していた。だいぶ長居している雰囲気があり、この“おひとりさま席”の回転率は、あまりよくないのかもしれない。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。