山口真帆が事務所移籍で「大河ドラマまで内定」とされる完勝ぶり

【この記事のキーワード】

長谷川玲奈の事務所移籍を秋元康がサポート?

 長谷川玲奈が新事務所に移籍できた経緯として、一部スポーツ紙はAKB48グループの総合プロデューサーである秋元康のフォローがあったと伝えている。それによると、自分が長谷川を巻き込み卒業を余儀なくさせてしまったと責任を感じた山口真帆が、長谷川の将来や事務所移籍をサポートしてもらえるように、秋元康に直訴したというのだ。

 ただ指原莉乃や中井りかと違い、山口真帆は秋元康に“直訴”できるような立場に置かれてはいないだろう。そもそも暴行事件発覚から半年、あれほどの大事になりながらも秋元康は、AKSやNGT48とほとんど関わりを持っていないとして、ひと言のコメント発表もなかった。山口らの卒業公演に新曲を書き下ろしたことが不思議なほどだ。

 グループを卒業した山口真帆、長谷川玲奈が順調に再スタートを切る一方、新潟県、新潟市はNGT48との契約を解除。グループとして再出発をはかるNGT48の今後にも、引き続き注目したい。

1 2

あなたにオススメ

「山口真帆が事務所移籍で「大河ドラマまで内定」とされる完勝ぶり」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。