エンタメ

熊田曜子がインスタで「夫の食事を捨てる」悲しさ告白、義母LINEも暴露でモラハラの声

【この記事のキーワード】

熊田曜子インスタグラムより

 熊田曜子が今月12日にInstagramのストーリーに投稿した内容が、「かわいそう」「モラハラではないか」と話題になっている。

 12日、熊田陽子は手料理に大きなバツ印を付けた写真とともに「朝起きて一番にする家事が一口も食べてもらえなかったご飯の処理。食べるって言ったのに。このパターンもう100回は経験してるけどかなりのダメージ」と投稿。

 ちなみに手料理の写真は、ストーリー投稿とは別にInstagramにアップした「おうちごはん」と同じ写真で、「#豚肉とじゃがいもの甘煮 #かぼちゃの煮物 #ブロッコリーのサラダ #あさりの酒蒸し #昆布巻き #お豆腐と茄子のお味噌汁」と和食系の一汁五菜という献立。一品ずつ別の器に盛りつけられている。

 2012年に一般男性と結婚した熊田曜子は現在小学1年生の長女を筆頭に3姉妹を育てる母親だが、Instagramに登場する手料理や子ども用のお弁当は、いつも手が込んでいるように見える。

 しかし、熊田の夫は「食べる」と言いながら、用意された食事を一口も食べなかったようだ。熊田の夫の帰宅時間はわからず、ネットでは「食べられなかったならせめて自分で片付けてほしい」という声もあるが、あるいは熊田が朝起きた時点でまだ帰宅していなかったかもしれない。これが初めてではなく、「もう100回は経験」しているパターンだというから、熊田の夫の生活時間はかなり不規則なのかもしれない。

 ちなみに熊田曜子は昨年4月放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、広告代理店に勤めていたはずの夫が、妻である自分に何の相談もなく退職し独立していたことと、月々の収入額を教えてくれず困っていることを明かしていた。不審に思った熊田が夫を問い詰めて退職が発覚したそうだ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。