エンタメ

山下智久は英語力だけじゃない グローバルな視点と行動力がすごい!

【この記事のキーワード】
【完成】山下智久は英語力だけじゃない グローバルな視点と行動力がすごい!の画像1

山下智久『UNLEASHED(通常盤)』(SME)

 山下智久が全編英語セリフのHuluオリジナルドラマ『THE HEAD』に出演することがわかった。同ドラマは日欧共同制作で、南極の科学研究基地を舞台にしたサバイバルミステリー。山下が演じるのは研究員のひとりで、来年春に配信される予定だ。

 山下智久の語学力は以前からファンにはよく知られており、インスタグラムに友人であるウィル・スミスと流暢な英語で会話する動画を投稿し話題となった。

 また、今年2月にWOWOで放送された「第61回グラミー賞授賞式」では、山下が現地からのリポートを担当。街頭インタビューや、受賞者との対談も英語でこなした。

 語学力を活かした仕事に加え、山下は昨夏公開した主演映画『劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』が興行収入92億円を超え、2018年の興収トップをおさめるなど、存在感を強めている。『劇場版コード・ブルー』の最終的な興収は実写邦画歴代5位だ。スタータレントを多く抱えるジャニーズ事務所においても、山下智久はもはや欠かせない存在と言えるだろう。

 一見、デビューから現在に至るまで順風満帆に見える山下智久だが、しかし一時期は事務所幹部の怒りを買い冷遇されているとも言われ、ジャニーズ退所も危ぶまれていた。

派閥争いでは「新しい地図」側だった山下智久

 もともと山下智久のマネジメントはSMSPのマネージャーである飯島三智氏の管轄だった。だが飯島氏は追い出されるようにジャニーズ事務所を辞め、SMAPは解散。その後、CULENを設立し「新しい地図」プロジェクトをスタートさせるなど、芸能界の第一線で活躍している。

 当時、山下智久も「飯島班」として冷遇されており、ジャニーズを辞め「新しい地図」に合流するのではないか、ともっぱらだった。また山下智久は今年1月に日本公開された中国映画『サイバー・ミッション』に出演したが、この映画は飯島氏が取ってきた仕事であるゆえ、ジャニーズ事務所としてはプロモーションに消極的だったという。

 昨年6月には山下の専属マネージャーが退社し、中居正広を担当する古株のマネージャーが兼任する事態に陥ったこともあった。まさに『劇場版コード・ブルー』の公開直前、宣伝活動で多忙な時期のことだ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。