山下智久は英語力だけじゃない グローバルな視点と行動力がすごい!

【この記事のキーワード】

 だが、山下智久はもともと事務所の言いなりになって、指示を待つようなタレントではない。たとえばドラマに主演してもギャランティが少ないとして、上層部にかけあったという逸話もあるほど、正当な自己主張のできるタレントだ。

 足しげくロサンゼルスに通い、自ら現地の音楽プロデューサーや演劇学校の先生などと交流する機会もつくってきた。昨年11月放送の『another sky-アナザースカイ-』(日本テレビ系)ではロサンゼルスを第二の故郷として紹介し、レコーディングを通して知り合った音楽プロデューサー(アダム・キャピット)や、通っていた演劇学校の先生などと再会。英語で難なくコミュニケーションを取っていた。

 だが最初からオープンマインドな性格だったわけではない。11歳でジャニーズ入した山下は、魑魅魍魎のうごめく日本芸能界において、自衛のために警戒心を養っていき、同時に心を閉ざすようにもなっていった。だがロサンゼルスでの経験を通じ、「思いを伝えようとしなければ、伝わらない」という当たり前のことに気づく。また、ありのままの自分自身を大切にし、規範などの呪縛から解放することも、海外での生活が教えてくれたという。

山下智久はなぜ香取慎吾への感謝をテレビで語ったのか? 人生を激変させたLAでの体験

 11月23日『another sky-アナザースカイ-』(日本テレビ)に山下智久が出演。彼がたびたび通っているというロサンゼルスの街をめぐる様子にカメ…

山下智久は英語力だけじゃない グローバルな視点と行動力がすごい!の画像1
山下智久は英語力だけじゃない グローバルな視点と行動力がすごい!の画像2 ウェジー 2018.11.28

山下智久は後輩ジャニーズの希望の星となる

 この数十年で一気にグローバル化は進展したが、日本の芸能界はまだクローズドだ。ジャニーズに限ったことではないが、もっと広い視野を持ちたいと海外を目指すタレントは増えている。

 元KAT-TUNの赤西仁はロサンゼルスに留学した後、活動の拠点を海外に置くとしてジャニーズ事務所を退所。昨年いっぱいで関ジャニ∞を退所した渋谷すばるの退所理由も「海外で音楽を学びたいから」というものであった。二人の例からみるに、ジャニーズ事務所に所属しながら海外で活動すること、特にアジア圏以外への進出は難しい状況なのだろう。

 そう考えれば、日本でも第一線で活躍しながら、海外に活躍の場を広げている山下智久という存在は、後輩ジャニーズタレントの希望の星になり得る。

 ちなみにKing & Princeの平野紫耀は、デビューしたときからの夢のひとつとして海外での活動を掲げているが、平野は尊敬する先輩として山下を挙げており、影響を受けている部分もあるのだろう。

1 2

「山下智久は英語力だけじゃない グローバルな視点と行動力がすごい!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。