エンタメ

和田彩花がアンジュルム卒業後も「アイドル」を続ける理由とは?

【この記事のキーワード】
【完成】和田彩花がアンジュルム卒業後も「アイドル」を続ける理由とは?の画像1

和田彩花オフィシャルブログより

 18日に日本武道館にて行われるコンサートをもって、和田彩花がアンジュルムおよびハロー!プロジェクトから卒業する。これをもって、スマイレージ名義時代も含め10年にもおよんだグループの一員としての活動に幕を下ろすことになる。

 和田彩花はアンジュルム卒業後も「アイドルを続ける」と明言している。ファンに卒業を告げた2018年4月5日更新のブログのなかで彼女はこのように綴っていた。

<30代になったとき1人でステージで歌って踊っていることが次の目標です。
様々な表現をやっていきたいです。そうなれるよう、20代を過ごそうと考えました。
そして、できればアイドルで居たいのです。
それはアイドルでやることではないのかも?
今からアイドル?
そう言われれば言われるほどアイドルで挑戦してやると思うのです。
「アイドル」というキーワードで外面的に捉えられるのは嫌です。私はそこを超えていきたいし、それを世の中に提示していきたいです>

 では、和田彩花が<世の中に提示していきたい>と宣言する「アイドル像」とは、いったいどんなものなのか?

和田彩花「アイドルの在り方の解釈を多様にしたい」

 女優の蒼井優と菊池亜希子がダブル編集長を務めたことでも話題の『アンジュルムック』(集英社)に掲載されたインタビューのなかで和田はこれからの活動について<アイドルの在り方の解釈を多様にすることが一番の目的>と語っている。

 その発言は、和田自身が現在の<アイドルの在り方>が<多様>ではないと認識していることの裏返しでもある。

 「月刊エンタメ」(徳間書店)2019年7月号に掲載された、みうらじゅんとの対談企画でも、和田の語りは興味深い。

<いわゆるアイドルの一般的なイメージってあるじゃないですか。『黒髪ロングで、おしとやかで……』みたいな。それって結局いろんな人の欲望で作り上げられたイメージでしかないんですよ。私はアイドルをやりながら、そのことに気づいてしまったんですね>
<気づいた以上、私はそこを変えたかった。それはアイドルを否定するということじゃないんです。アイドルのあり方を考えていくってことなんですよ。この部分を今のままにしていたら、アイドルというジャンルはもちろん、世の中の女の子の将来も暗くなると思うので>

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。