エンタメ

KANA-BOON飯田祐馬の無事帰宅に “謝罪しろ”バッシングが激化

【この記事のキーワード】
【完成】KANA-BOON飯田祐馬の無事帰宅に 謝罪しろバッシングが激化の画像1

KANA-BOON オフィシャルサイトより

 今月5日から音信不通状態が続いていたロックバンド・KANA-BOONの飯田祐馬が、15日に無事帰宅したことが公表された。憔悴しているが怪我はないという。

 無事帰宅の報を受けて「文春オンライン」がKANA-BOONの所属事務所マネージャーを直撃した記事を公開したが、マネージャー曰く飯田は精神的にも肉体的にも体調が回復しておらず「会うまでにもう少し時間がかかる」「落ち着いて会話するのにもう少し時間がかかる」とのことだ。なお、一部で報じられたバンドメンバーとの不仲は否定、妻とも「いい状況」だという。

清水富美加に「飯田祐馬を返せ」のバッシング

 飯田祐馬の失踪をKANA-BOONが公式にアナウンスした直後から、ネット上ではかつての不倫相手で、宗教法人「幸福の科学」に出家した清水富美加(法名・千眼美子)の元へ行ったのではないかという憶測が蔓延した。

 その根拠とされたのが、清水の意味深な投稿。清水は今月8日、自身のTwitterに以下の文章を投稿した。

<悲しいお知らせも悲しいとか残念とか思いすぎない 本当はもう少し時を共にしてみたかったとしても優しかった瞬間や事実がはっきりとくっきりとしてグリーンフラッシュみたい>

 その5日後の13日に飯田の失踪が公表されたことにより、清水の投稿にある<悲しいお知らせ>とは飯田の失踪のことではないか、清水は飯田の失踪に関係しているのではないかと注目を集め、清水のTwitterやInstagramには「めしださんは元気ですか?」「めしだを返せ!」などといったコメントが溢れた。

 しかしマネージャーは飯田の失踪と清水との関連を否定。清水との件は一段落しており、今回の失踪との関連は「まったくない」という。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。